« 足元の春の訪れ~オオイヌノフグリ~ | トップページ | スイセンの花 »

雪に染まるわに塚のサクラ

三寒・・・、とはいっても想定外の大雪でしたね。

雨まじりで、とっても重たい感じの雪でした。枝の折れている木々を見かけ、わに塚のサクラが心配となり・・・。
Swanitukah220310_1
異常事態は避けることが出来たようです。

それにしても、山もとても春がもうすぐそこまできているというような風景ではないです・・・。
でも、わに塚のサクラの足元にはカンゾウでしょうか、大地から若草色が芽吹いていました。
Swanitukah220310_3
雪は降れども、春は確実に来ているのだな~と感じました。

冬の眠りから醒めようとしている大地の呼吸を感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

本当に真冬へと戻ったかのような風景でした。でも、そんな中わに塚のサクラを心配されて訪れた地元の方とちょっとの間お話をしたり、ワンちゃんと飼い主さんの足あとを見つけたりと、ちょっと楽しい時間を過ごすことができました。
Swanitukah220310_2

|

« 足元の春の訪れ~オオイヌノフグリ~ | トップページ | スイセンの花 »

身近な植物たち」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。よく降りましたね、雪。
我が山郷のアカマツの古木の結構太い下枝が、雪の重みでボキッと折れまして、片付けるのに苦労しました。わに塚のサクラに被害が無くて良かったですね。この雪の後には、暖かい春の日がやって来ます。
サクラの開花の便りが待ち遠しいです。
ライトアップはやめてほしいのですがね。

投稿: yottekurenek | 2010年3月11日 (木) 20時55分

無事で何よりです。この時期の雪は重いですもんね。

鎌倉の大銀杏が倒れてしまいましたし、心配だったでしょうね。

投稿: ヤス | 2010年3月11日 (木) 22時27分

こんばんは、oberisukuさん。

雪のわに塚のサクラ、とても綺麗ですね。
枝と枝の間がつまってみえて、
遠目にも蕾が膨らんできているのがわかります。
雪の中、春への準備を着々と進めているんですね~。

それにしても、3枚目の写真。
幻想的で墨絵のようです。

投稿: 玄爺 | 2010年3月14日 (日) 18時49分

★yottekurenkeさんへ
 あの雪の重み…、本当に心配しました。三寒四温、確実に春へと向かっていますね。
 ライトアップは、いろいろと気を使いながら実施されているようですよ。でも、満月の頃だったら、月の光に照らされたサクラを楽しむのも一興ではないかな~と思っています。自然の明かりに照らされた姿こそが、本当の夜桜なのでしょうね。

★ヤスさんへ
 鎌倉のオオイチョウのニュースには本当に驚きました。わに塚のサクラには影響は無かったですが、職場の近くの松などはかなりの枝折れで・・・、片付けに苦労しています・・・(泣)

★玄爺さんへ
 もう3月も真ん中ですね。あと2週間もすれば、開花なのではないでしょうか。
 韮崎に来たばかりの頃には、独り占めに近い状況でしたが、今はなかなか静かに楽しむこともなかなか難しい・・・。
 マナーを守って、気持ちよくサクラを見ていただきたいですね。
 混みますけど、是非サクラを見に来てくださいね!

投稿: oberisuku | 2010年3月15日 (月) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/47778031

この記事へのトラックバック一覧です: 雪に染まるわに塚のサクラ:

« 足元の春の訪れ~オオイヌノフグリ~ | トップページ | スイセンの花 »