« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月の4件の投稿

石造りの梵鐘

本当に久しぶりの更新となってしまいました・・・。

実は本日、穴山町を歩き回っていました。そこで出会ったのが、石造りの梵鐘(ぼんしょう)です。穴山の重久地域の墓地の一角にひっそりとたたずんでおりました。
Sanayama_bonnshouh21
この鐘については、こんな言い伝えがあるそうです。

 重久の福泉寺の万機和尚さんが、村人のためにと飯盛山に鐘楼を作ろうと計画して、托鉢をしてお金をためました。しかし、この時は丁度、天明の大飢饉ということなので、村の人から延期をしたらどうかと・・・。和尚さんは願いをかなえることができないことを残念に思って、釜無川に身を投げてしまいました。その後、明治時代に延期をうながした村人の子孫の方が、万機和尚さんを供養するために建てたということです。

和尚さんの気持ち、村人の気持ち、村人の子孫の気持ち、いずれも優しい気持ちでいっぱいです。そんな祖先のいる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

しばらく、こんな感じでとても不定期な更新となってしまうかもしれないです・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

秋の風景への変化・・・

秋晴れでしたね~。外仕事がメインのobeにとってはとても仕事のしやすい一日でした。

山の中での仕事、ちょっと一息入れるとそこには、金峰山や八ヶ岳を望むことができます。
Skinpuh2109
山麓から川下にかけて広がる田んぼも、ついこないだまでは緑の絨毯だったのが、今では金色の絨毯になりつつあって、輝いています!
Syatuh2109
八ヶ岳から飛び出す七里岩も、飛び出す絵本のようです。

私の住むまち「韮崎」は起伏に富んでいます。だからこそ、こんな風景を楽しむことができます。そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

外仕事で気持ちはいいのですが、困ることも・・・。昨日・今日でブヨに3回も刺されました・・・。口元、人差し指の付け根、腕。ぷっくりふくらんで、たらこ唇、ドラえもんの手みたいになって大変でした・・・。皆さんもブヨにお気をつけくださいね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

栗平~優しい看板~

実は、初物の栗を頂きました。ということで、最近のコメントを頂いた綾棒踊りにも関連のある「栗平(くりだいら)」の紹介です。

綾棒踊りは甘利小学校で伝えれれている踊りで、甘利山という自然・資源豊かな山を舞台にした唄とともに受け継がれています。

その唄の一部は・・・

 一つとノーエー サンノーエー
 一つ審判 甘利山
 三論さわぎを お聞きやれ
 コノジューカイナ

 ニつとノーエー サンノーエー
 深草山の 栗平
 峰には甘利が 陣取った
 コノジューカイナ
  
 三つとノーエー サンノーエー
 南の沢辺の 中ほどに
 有野の水しも 八か村
 コノジューカイナ


この唄に「栗平」という場所が登場します。甘利山を登っていく道の途中に、旭山(苗敷山)に向かう道の分岐するところがあります。そこが丁度、平らになっているのです。登ってくると、ちょっと一息つくことのできる場所です。
きっと、栗の木がたくさんあった平らな場所だったのでしょうね。
Skuridairah2109_2
地元の方が付けたのでしょう、看板が取り付けられていました。
Skuridairah2109_1
隣にならぶさびた看板よりも小さいですが、なんだか風景の中に溶け込む優しい看板だと思いませんか?看板というと、目立つ大きなものがよいと思いがちですが、こんな看板も素敵だと思いませんか?

山の中で、素敵な看板に出会うことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

コメントをいただいた方へのお返事が滞っておりまして申し訳ございません。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋を感じるサクラ

本当にしばらくぶりの更新です。

更新しない間に、まちの風景もすっかり秋模様です。緑の濃かった稲も実りの秋に順調に向かっているようです。
Swanih210907_2
わに塚のサクラに日の出の時間に久しぶりに会いに行ってきました。
Swanih210907_1
稲穂も頭を垂れていて、秋だな~、そして、わに塚のサクラも紅葉が始まったのでしょうか?濃かった夏色の緑色が、薄れてきたようです。

移ろう季節を楽しむことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »