« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の14件の投稿

花火前のわに塚のサクラ夕景

写真を整理しようと思って、データを見ていたら、花火大会の日のわに塚のサクラの夕景がありましたので・・・。
Swanitukayuuhih2108
稲はしっかりと穂を付けています。今年は、梅雨明け宣言後もはっきりしない天気が多かったのでちょっと心配していました。

ホッとする夕景に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

楽しい看板(上今井)

まちにはいろんな看板がありますよね。穂坂町の上今井を歩いていたら、面白い看板に出会いました。
Skanban_kamiimaih2108  
  ドンナに壊れても只で取替へる
  堅牢無比 ミナイ号自転車
  ミナイ商店
  甲府佐渡町

という自転車屋さんの看板です。それにしてもタダで自転車を直してくれるとはすごいですよね、壊れないくらい頑丈ということなのでしょうけど・・・。

ところで、穂坂町になぜ甲府の商店の看板があるのでしょうか~?
韮崎よりも甲府との関係が深かったのでしょうか?ナゾです。

ちなみに佐渡町は金を扱っていた町のようです。佐渡金山で有名な佐渡島、そんなところから呼ばれるようになった町の名前なのかもしれないですね。

いにしえのまち同士の関係を伝えてくれる古びた看板の残る私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サクラと共に花火を楽しむ

本日も花火大会の続きです。
背高のっぽの鉄塔も花火を眺めていました。
Swani_tettouh2108_2 
そのすぐ隣にはわに塚のサクラも花火を眺めていて、兄弟?恋人?みたいに並んで夏の終盤を告げる花火を楽しんでいるように見えませんか?
Swani_tettouh2108_1
サクラの咲く季節に「あの鉄塔がなければ・・・」という声も多いようですが、大切な電気を運ぶ施設ですから・・・。

役割りは違いますが、一枚の写真の中では仲良く花火を眺めている、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

そういえば、タマゴダケを探しにもう一度同じ場所にいったら、なかったです・・・。きっとキノコ採り名人が取ったのでしょうね。ということは、やはり皇帝きのこのタマゴダケだったということなのでしょう♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

花火を楽しむわに塚のサクラ2

本日も、昨日の花火とわに塚のサクラのツーショットです。

ところで、このような花火はいつ頃からあるのでしょうか?
1613年に駿府城にいた徳川家康が見たのが最初だとか・・・、『駿府政事録』という書物に書かれているそうです。
歴史の話しは、ここまでにして・・・。
Swani_hanabih2108_4
高圧電線が写り込んでいますが・・・、花火大会やわに塚のサクラが有名になる前に建てられた生活する上では大切な電気を運んでいるので、ガマンしてくださいね。
Swani_hanabih2108_6
もう8月も終盤に入りますね。なんだか夏が過ぎていくのもさびしい気がしますが、涼しくなるし、実りの秋がくるのはうれしいことです。

夏の終盤を告げる花火を見ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

撮影中に、パトカーが路上駐車を注意していました。地元の方々の通行に支障をきたしますので、皆さんマナーを守って、楽しく花火を鑑賞しましょうね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

花火を楽しむわに塚のサクラ

8月16日は送り火をする日ですね。その日にあわせて私の住むまちでは花火大会などが開催されます。

わに塚のサクラが花火をめでている後姿を・・・。
Swani_hanabih2108_1暗いですが、花火の下にわに塚のサクラのシルエットが見えています。
Swani_hanabih2108_2こちらは大きな一輪の花を咲かせてくれています。
Swani_hanabih2108_3サクラは毎年何を思って花火を眺めているのでしょうか?

はじける花火の色、そして響き渡る花火の音・・・。夏らしい風物詩を見ることができる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

シロキクラゲ?

昨日に引き続き、キノコです。

白くて、ちょっと透明感のある涼しげなキノコです。
多分、シロキクラゲなんだと思います。
Sshirokikurageh2108
もし、シロキクラゲだとすれば、中国では高級食材の一つ!「銀耳」と呼ばれていて、デザートに使われたり、不老長寿の薬にもなるといわれているようです。
でも、シロキクラゲだと断定するほどの知識がないため、口にはしていません。やっぱりキノコは怖いです・・・。

それにしても、キノコは本当にフシギな生き物です。
朽ちた樹木に新たな命が誕生するところとか、毒がありそうでなかったりまたその逆だったり・・・。

足元の小さな小さなキノコだけど、いろいろと楽しめます。そんなキノコたちに出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タマゴダケ?

今年は雨が多いせいなのか、ちょっと山歩きをして足元をみると、あちこちできのこを見かけます。

真っ赤な派手なかさを持つキノコと出会いました。
見るからに毒キノコのようですよね。
Stamagodakeh2108
タマゴダケというキノコのようです。こんな派手なのに食用キノコのようです。
地面の部分に白い卵の殻のようなものがあって、これが名前の由来のようです。ヨーロッパでは皇帝キノコと呼ばれて人気があるようです。
そうはいっても、食べたことのある人に確認しないと怖いですよね~。

それにしても、本当にキノコだらけです。無毒・有毒は別として、眺めているとなんだか面白いです。

いろいろな命が山にあふれている、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夏の景色(苗敷山から)

ようやく夏らしくなりましたね。急な夏の訪れに外仕事はつらいのですが・・・。

さて、韮崎の中で最南端にそびえている苗敷山。
旭山林道?の行き止まりのところまで行くと、甲府盆地を一望できます。
Sfujih2108_1
標高が高いので、陽射しは強いものの、日影に入ると涼しいです。
この苗敷山、何度も紹介していますが、夏には涼を感じることのできる身近な山です。もちろん、身近な山とはいっても、気を抜くことはできませんけどね。

苗敷山を舞台としたいろんな伝説が残されています。たとえば・・・、「上今井の山神社さんの神様は大笹池から苗敷山を越えて、やってきた。」とか、「甘利山中腹のサワラ池に住んでいた赤牛は苗敷山を飛び越して八田の能蔵池に入った」とか・・・。甲府盆地の望むことができ、しかも水の豊富な南アルプスを甲府盆地から望むと、最初に目に飛び込んでくる山、そして牛が寝そべっているかのような山の形・・・。そんなことからいろんな伝説が生み出されたのかもしれないですね。
Sfujih2108_2
いろんな伝説の舞台となっている山のある私の住む町「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大きな高下駄!

上今井の大山神社さん。以前も紹介しましたが、高下駄だと気がつかないくらい大きな高下駄が奉納されています。

高下駄の左に参拝に来られた方の腕と比較すれば、どれだけ大きいか分かりますよね。
高下駄といえば、やはり天狗です。
Stakagetah2108
大山神社さんの建物に使われている瓦を見ると、天狗のもちもの団扇の模様があります。
そして、天狗は修験者につながり、修験は山岳宗教につながります・・・、大山神社の山を登り続けていくと、金峰山にたどり着きます。金峰山はいわずとしれた、信仰の山です。

小さな村かもしれないけど、村との関係を見ていくと、とても広い地域と関係があるものなんですよね。

歩いて、そして調べてみると、新たな発見がまだまだあります。だから、私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかいこの神様

韮崎だけでなく、山梨県は養蚕のさかんな地域でした。

今でも、桑畑が広がっている場所がたくさんあります。

養蚕は生活するのにとても大切な仕事だったようです。それだけ、大切なお蚕さんですから、とても大切にされていました。そんなことを示すのがこちらの石碑です。
Skokagesan_anayamah2108
難しい漢字ですが、蚕です。お蚕さまを神様としてあがめたのでしょう。
文字を取り囲むように落花生やひょうたんのような形が掘り窪められています。きっとお蚕さんの「さなぎ」の形なのではないでしょうか?

ちょっと昔の生活を知ることができ、そしてちょっと昔の信仰を知ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

ところで、どこにある石碑かというと、穴山町で、七里岩ラインを八ヶ岳方面に向かって右側にあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年のヘクソカズラ

ようやく夏らしい陽射しが降り注ぐようになり始めました。

雨でないので職場へも歩いていくようにしています。やはり車だと気がつかないけど、歩いているといろいろな出会いがあります。

今日はヘクソカズラです。
すごい名前ですよね。「屁」「糞」ですからね。確かに、茎の部分をもんだりすると独特なにおいがしますし、その匂いは決して良い匂いではありませんから・・・。
Shekusokazurah2108
花の部分をとって、腕の上に逆さまにしてのせると、お灸をしているようにも見えるんですよね~。

ヤイトバナやサオトメバナの別称があるのですが、やはりちょっとかわいそうですよね・・・。

しかも、花言葉を調べてみたら「人嫌い」なんだそうです。あの匂いなら人を近づけさせないですからね。

ヘクソカズラ、ちょっと独特なにおいがするけれど、夏であることを知らせる花です。そんな季節を伝える花に身近に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

涼を感じる名もなき小さな滝

今日は久しぶりに夏らしい陽射しでしたね!青空も久しぶりに楽しむことができました。

暑さを忘れることのできるような風景を久々にご紹介です!
Sootakih2107_1
神山町と清哲町の間を流れる竪沢川の上流にある名もなき小さな滝です。
Sootakih2107_2
小さいとはいっても、水の落ちる力によって冷たい風が起きていて、とても涼しいです。
水はとても冷たく、手をつけていれば冷えすぎてしまうほどです。

夏であることを忘れさせてくれます。

そういえば、もう8月ですね。

夏の暑さを忘れさせてくれる「涼」を感じることのできるトコが意外と近くにある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

この記事をご覧になって、行ってみたいと思われた方へ
 ①お子さんたちだけでは行かないようにしてください。
 ①この時期はヤマヒルがたくさんいますので、噛まれる可能性があります。
 ①人里離れた、自然の領域です。動物たち(クマ・イノシシ・シカなど)の住む場所だということを知っておいてください。
 ①川の中の石は濡れて滑りやすいです。
 ①当然、ゴミなどは捨てないで下さい。
 ①とにかく、マナーを守っていただければと思います。
説教くさくてすみません。。。自然は強大だということ、そしてマナーは大切だと考えさせられることがここのところ多かったので・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

上今井の如意輪観音さん

私の住むまちだけでなく、甲斐の国では、古くからの通り沿いに石造物がたたずんでいる姿を良く見かけます。

そんなお姿を見ていると、当時の人たちのココロに触れたような錯覚を覚えたりもします。

さて、上今井を歩いていると、馬頭観音さんと如意輪観音さんが並んで奉られていました。
馬が家族の一員として一緒に生活していたことを感じることができますよね~。
Skamiimai_nyoirinh2107
如意輪観音さん、左手をアゴのあたりに当てています。見ようによっては歯が痛いのかな~?などと思ってしまいます。実際、地元では歯痛地蔵さんと呼ばれていて、子供が歯を痛がると、お祈りをしたようです。

如意輪観音さんですが、江戸時代にこのような石造物で奉られることが多くなったようです。月待ち信仰で十九夜、二十一夜、二十二夜の時の神様は如意輪観音様なのです。

さてさて、この石造物、奉られた時は歯痛なのでしょうか?月待ちなのでしょうか?ちょっと悩んでしまいます・・・。

道の傍らで、静かにとおり行く人たちを見守る石造物のいる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

なんだか、8月に入ったというのに、梅雨が抜け切らないような天気が続いていますね・・・。日照不足が心配な今日この頃です。夜は涼しくてよく眠れるのですけどね・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あやうく・・・マムシ

まち歩きをしていろんなコトやモノに出会うことが大好きなobeですが、あまり出会いたくないモノも実はいたりします・・・。

ヘビです。
ヘビといっても毒をもっていないヘビや攻撃的ではないヘビはいいのですが・・・。

歩いていて、フッと目線の先に何やら、ぐるぐると丸いものがあることに気がつきました。
よ~く見直してみると、それはトグロを巻いたマムシでした!
Smamushih2107
お腹がちょっと大きいように思いますので、もしかしたら食事後なのでしょうか?

obeには気がついていないようでしたので、背後から写真をとって、退散いたしました。
気がついていなければ、踏んでいたかもしれません・・・(汗)。

自然の領域がすぐ近くにあるそんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う(ヘビに噛まれないことが前提ですが・・・)ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »