« 涼を感じる名もなき小さな滝 | トップページ | おかいこの神様 »

2009年のヘクソカズラ

ようやく夏らしい陽射しが降り注ぐようになり始めました。

雨でないので職場へも歩いていくようにしています。やはり車だと気がつかないけど、歩いているといろいろな出会いがあります。

今日はヘクソカズラです。
すごい名前ですよね。「屁」「糞」ですからね。確かに、茎の部分をもんだりすると独特なにおいがしますし、その匂いは決して良い匂いではありませんから・・・。
Shekusokazurah2108
花の部分をとって、腕の上に逆さまにしてのせると、お灸をしているようにも見えるんですよね~。

ヤイトバナやサオトメバナの別称があるのですが、やはりちょっとかわいそうですよね・・・。

しかも、花言葉を調べてみたら「人嫌い」なんだそうです。あの匂いなら人を近づけさせないですからね。

ヘクソカズラ、ちょっと独特なにおいがするけれど、夏であることを知らせる花です。そんな季節を伝える花に身近に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

|

« 涼を感じる名もなき小さな滝 | トップページ | おかいこの神様 »

身近な植物たち」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、oberisukuさん。
ヘクソカズラ。。。(笑)
玄爺、はじめて聞きました。
それにしても、何故こういう名前を付けるんでしょう。
何か面白くないことがあった人がつけたんでしょうかね(笑)

投稿: 玄爺 | 2009年8月 5日 (水) 19時17分

★玄爺さんへ
 ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。
 匂いをかぐと、本当に臭いので名付けた人の気持ちが分からないこともないのですが、でももう少しかわいらしい名前を付けてあげればいいのにと本当に思います!

投稿: oberisuku | 2009年8月15日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/45841059

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年のヘクソカズラ:

« 涼を感じる名もなき小さな滝 | トップページ | おかいこの神様 »