« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の29件の投稿

昨日のこと・・・

本日は一日雨でしたね~。。。梅雨だからしょうがないですよね!

昨日は、ちょっと遠くのまちに行ってきました。といっても山梨県ないですけどね。。。

どこかといえば、obeの好きな縄文時代の遺跡の一つ釈迦堂遺跡です。

行くたびにいろいろなイベントをしているのでいつもワクワクしてしまいます。
今回は、子どもさん向けの体験イベントを開催していました。
Sdsc_0230
以前、obeも作った土偶作り(これが結構、真剣になってしまうんですよね~)
Sdsc_0233
弓矢で動物の的を射るコーナー
Sdsc_0236
草木染のコーナー

などなど、楽しいコーナーがたくさんありました。
なぜか、私の住むまちの資料館のポスターまでもあって?

よくよく見てみると、山梨県内の7つの博物館の人たちが協力しながら、イベントをいろんなところで開催しているようです!
きっと、いろんな知恵を出し合っているのでしょうね。

そのうち、私の住むまちでもイベントが開催されるのかな~?

いろんな体験を通して、いろんなことを学んでいく、、、それは子どもだけじゃなくて、大人にとっても大切なこと。。。そんな体験イベントにちょっとでも参画している私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ネムノキ咲いた!

いや~、昨日・今日と、なんだかあわただしい日々でして・・・。

でも、本日は夕方、職場を離れる時に、ちょっとした発見をしました!
Sdsc_0222
何の気なしに、ネムノキのつぼみを見ていたら、
ちょっと赤いものが・・・。
Sdsc_0224
よく見ると、咲き始めのネムノキの花でした♪

もうすぐだな~。
そう思って、見上げてみると・・・。

咲いていました♪
Sdsc_0226
淡いピンク色に、甘い香り・・・。
疲れた時には甘いものがいいらしいですが、しっかりと甘い香りで疲れが取れました!

季節になれば花を咲かせることは当たり前なのかもしれません。でも、咲きそうな瞬間、咲いた瞬間、そんな瞬間に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

調べてみたら、淡いピンク色の細いものは花びらではなくて、オシベのようです。そして、こんなに大きな木なのに、広い意味ではマメ科のようです。そうえば、マメのような実がぶら下がりますもんね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

棘のないヒイラギ

穴山小学校の跡地にはプラタナスの他にもいろんな樹木があります。

そのうちの一人です。ヒイラギです。
そんなに珍しいものではないですよね~。トゲトゲが魔よけになったりして・・・。

でもよく見ると、このヒイラギの葉っぱはトゲトゲがないのです。。。
Sdsc_0195
どこをどう見てもトゲトゲがみつからないのです。

調べてみると、トゲトゲのないヒイラギの種類もあるのだとか・・・。
そして、年をとると、トゲトゲがなくなり丸くなるのだとか・・・。
Sdsc_0194 樹形も丸いんですよね~♪
やはり、人と同じで、人生経験(樹生経験)豊富になると角が取れてくるということなのでしょうか?

こんな素敵な木々に見守られていた学校・・・、そんな学校があったことを伝えていきたいものです。そして、廃校になってしまっても、伝えていきたいと思う学校のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通学路♪

大きなプラタナスのある穴山小学校の跡・・・。
そんな穴山小学校に向かう、小さな小さな曲がりくねった道です。

狭いな~、でもなんだかホッとする小道です。
Sdsc_0201
obeは小学生の頃、学校が近すぎて、寄り道して遊んだ経験はほとんどないけど、この道を歩いていると、なんだかワクワクしてきます。

子どもたちの笑い声が聞こえてくるような・・・。そして、たまに「遅刻するぞ~、急げ~」とかいう先生の声まで。。。

今ではまっすぐな道ばかりが作られています。でも、地形にそって、狭くて曲がりくねっているけれど、なんだか趣のある道です。そんな道のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大きな木~プラタナス~

私の住むまちには各地区に小学校があったようです。今では統廃合されてなくなってしまった学校もあります。
そんな学校の一つ穴山小学校にはとても大きな木がいます。
Sdsc_0149
プラタナスです。
日本名は鈴懸の木(すずかけのき)と呼ばれています。
Sdsc_0156
太さは4メートルちょっとあります。とても太くてしっかりしています。
Sdsc_0153_3
葉も特徴的で大きな葉がなんともいえないです。
Sdsc_0199
そして、鈴懸けの木の由来ともなっている実がもうすでになり始めています。もちろんまだまだ若草色ですけどね!

きっと、穴山小学校の何かの記念の時に植樹されたのでしょうね、、、穴山小学校で子ども時代を過ごした人たちや地域のことを見守ってきたことでしょう。そして、これからも見守り続けていってもらいたいですし、この木を伝えていきたいですね。。。だれか、この木にまつわる想い出とかお持ちでないですか?
見守ってもらいたい、そして伝え続けたい、そんな木のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

写真は掲載しませんが、実はこんなに立派で素敵なプラタナスの木の根元にタバコの吸殻が捨てられていました。ちょっと切なくなりました。廃校になったとはいえ、学校にタバコの吸殻を捨てるなんて・・・。私の住むまちは素敵なまちだけど、こんな酷い部分もあったりします。。。自分の庭には捨てないですよね、、、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甘利山の伝承~赤牛伝説~

昨日の甘利山の伝説のことをもう一度調べてみました!

話しはこんなこと・・・
「昔、塩川の藤井平の下条村にお婆さんが住んでいたんだけど、ある時頭に角がはえてしまって、それが恥ずかしくて、高松山を越して、釜無川をこして、鷹ノ田に隠れたのだけど。。。さらに奥深いさわら池に赤牛となって住むようになったそうです。ある時、甘利山の麓の甘利さんという偉い領主の子どもがさわら池で赤牛に飲み込まれて行方不明になってしまったそうです。おこった領主はさわら池の赤牛を池から追い出しました。赤牛はその後、大笹池に逃げ込みましたが、最終的には能蔵池に住み着くようになったとさ。」
Sdsc_0161
人を飲み込むような牛がいるわけないし、人の頭に角がはえるなんて・・・。
確かに、その通りなのです。でも、ちょっと調べてみるといろんなことが分かってきます。
Sakaushi
鷹ノ田もさわら池も大笹池も標高千メートルという高いところに水が豊富にあるところなのです。
甘利山は山麓の生活に欠かせない水をいつも提供してくれています。
そして、昔はそんな池や山に雨乞いに行っていたようです。

甘利山のさわら池の伝説は、きっと甘利山が資源が豊富で大切な山だったことや、雨乞いの対象になるほどに神秘的な場所・・・、そんなことがあって、伝説が生まれたのではないでしょうか?

山々にはやはり神様が住んでいるのでしょうね、そんな山々に囲まれ見守られているそんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ちょっとがんばって資料を作ってみましたが・・・、地元でないと分かりにくいですよね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甘利山の伝承

いや~梅雨らしい天気ですね~。でもせっかくのお休みの日に梅雨らしい天気でなくても・・・。

さてさて、本日は甘利山&さわら池でちょっとした会(甘利山の伝説を語り部の方が語る会)があるということで、出発しました。さわら池につくと、会は雨で中止との看板…、まー天候ばかりはしょうがないですよね、、、それほど降っていなかったので、雨のさわら池を楽しむことに、池を見渡すと、

白い大きな花が!

近づいてみると、モリアオガエルの卵でした(たぶん・・・)
S_2
そうこうするうちに、何やら団体さんがバスから降りてくる。
邪魔にならないように聞いていると、地元の公民館の学習会で訪れたようです。
さらに聞いていると、さわら池の伝承の話が始りました!ラッキー!!
S
赤牛の話しが、なんだが雨のさわら池にあっていて、本当に赤牛が現れるのではないかと思ってしまいました。語り部の方の甲州弁も、臨場感にあふれていて、本当によかったですよ!

雨が強くなってきましたが、ココまで来たのだからと、広河原の駐車場に向かう。
やっぱり、雨で・・・。さて、レインコートでも着て山頂までいくかな~と、

・・・・・・・・・

レインコート忘れた!ついでに傘も・・・。
ということで、広河原駐車場周辺を見学して、帰ることにしました。
S_3
いろんな伝承を生む、ずーっと昔から大切な山だったのだと思う。
そんな山に見守られている私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

普段のobeは、

雨ニモ負ケル、風ニモ負ケル、雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケル、ヒ弱ナ体ヲモチ、欲ハ大盛・・・


といった感じなのですが。。。
本日は、雨に負けることなく、甘利山&さわら池にいきました!「欲ハ大盛」なのは変わらずといった一日でした♪でも、帰ってきてからちょっとだるい…、無理をしなかったつもりなのですが、雨ニ負ケタかも…。ということで早めに寝ます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ふもとでの三色の花~アヤメたち~

さてさて、初登頂記も最後となります。

筋肉痛になる気配を思いっきり感じつつ、下り始めて。。。。女岩を通り過ぎてしばらくすると、もともと車道だったらしい、やたら広い道を歩きます。。

そんな道の脇にはコアサジサイが咲き誇っていて、これが道沿いに並んでいたらアジサイ通りでこの時期には素敵だろうななどと思いました。
S
さらに途中には廃墟がいくつかあるのですが、その周辺にはアヤメ・キショウブ・シロショウブ?が咲き誇っていました。
S_2 S_3
キショウブのことを調べてみると、外来種なのできっとこの辺に住んでいた方が植えたのが増えたのでしょうね。それでもこれだけ多くなるとちょっとしたお花畑です。 (もともとの地元の植物の生育を妨げていなければよいのですが、ちょっと心配でもあります。。。)

そうこうするうちに駐車場に無事戻ってきました。休憩もいれて大体7時間ほどでした。身近に山があり、そしてのんびりと楽しみながら登山のできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ところで、茅ヶ岳山麓という言葉はよく耳にしますが、今回登ってみると、茅ヶ岳よりも金ヶ岳の方が高いし、裾野も広いように感じました・・・。なぜ金ヶ岳山麓ではなくて茅ヶ岳山麓と呼ばれるのでしょうね?ちょっとフシギに思いました。いずれの山もとても気持ちのよい山でした。わに塚のサクラとともに見る茅ヶ岳が好きだったので、本当に楽しい登山でした♪

夏至ですね・・・、一番日が長いのに・・・、晴れなくて残念。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山での出会い~舞鶴草・小岩鏡~

まだまだ、初登頂の感動を味わっています。もう少しお付き合いくださいね。

茅ヶ岳の山頂から金ヶ岳の山頂までにはいろいろな植物たちと出会いました。その中でもお気に入りの2人に登場してもらいます。
S1
まずは、マイヅルソウです。鶴が舞っているかのような姿だからだとか・・・、イメージにあうショットを狙えばよかったのですが・・・、名前を知ったのも下山後でして。
S2 全国の山地というか亜高山で成長するようです。赤い円い実がなるようです。ちなみに、花言葉は「乙女のおもかげ」だそうです。
S1_2
そしてお次は、コイワカガミです。高山植物のイメージにぴったりの花でした。
高い山に登ったな~とあらためて感じた出会いでした。
S2_2 いずれも、山登りをすれば出会う確率は高いようです。そうはいっても身近に山がなければ、出会う確率は低くなります。
高山植物と出会うことのできる機会に恵まれている私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

梅雨空ですね~。ここ数日、夏かと思う天気だったので、外回りのobeとしてはちょっと身体が楽です。花粉も少な目みたいだし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金ヶ岳へ・・・。

ちょっと軽く考えていました。。。地図で見るとそれほどでもないだろうと、登山マップでも・・・。

意外と大変でした!というよりも、当然茅ヶ岳山頂から一度下ることは分かっていました。でもそれが予想外に下ったので。。。
Sdsc_0095
そして、いよいよ金ヶ岳への登りが始るあたりに、有名な石門がありました。
立派な石門です。むろん自然の作り出したものです。やはり、山には神様がいるのでしょうね!神様のおこないとしか思えないです。
Sdsc_0096
そして、その石の合い間に白い花が咲いていました。
たぶん、ヒメウツギだと思います。

石門を通ると、また急なのぼりとなります。頂上かと思いつつ、周りを見回すと何の看板もない・・・。そして八ヶ岳方向を見てみると、もう一つのピークが目に入りました。
もう一度、くだって、ちょっと登って、ようやく金ヶ岳の山頂に到着しました!
Sdsc_0102
金ヶ岳まで足を伸ばす方は少ないようでした。山頂を独占してしばしのんびりとしてしまいました。

普段は仰ぎ見ている茅ヶ岳・金ヶ岳、そんな山々の山頂から自分の住む町を見てみるのも楽しいものです♪山に囲まれた私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

茅ヶ岳山頂の途中で!

茅ヶ岳山頂に到達するまでにいろんな植物達に出会いましたが。。。

その中で、まずは2つほど紹介しますね!どちらもobeにとっては、はじめての出会いと思いますので・・・(今まで気がつかなかっただけかもしれないですが)
S
こちらは、サラサドウダンです。
白にピンク色の筋が入っていて、小さな釣り鐘のようでとても愛嬌があります。風鈴躑躅とも呼ぶようです。「喜びあふれる未来」という花言葉なようです。
S_2
そしてこちらは、ユキザサだと思います。
白が飛んでしまっていて、花がきれいに写っていないですが、線香花火のようで・・・、というよりも雪の結晶のような花で、葉が笹のようなので、「雪笹」という名前になったようです。ちなみに花言葉は「栄光」と「美しい輝き」だそうです。

いろいろな植物たちに出会うことができます。それは、いろいろな環境があるということ。。。その環境にあった、植物たちが生活しているのだと思います。いろんな環境が身近にある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茅ヶ岳の女岩って?

女岩
茅ヶ岳の登山の唯一の水場といってもよいでしょう。
S
さて、女岩の由来ですが、
もちろんご想像の通り、女性の大切な場所をイメージしての名前です。

ヒトが生きていくうえで大切な水が湧き出していることと、新たな生命の誕生してくることが、重なって命名されたのではないでしょうか?
そういえば、山の神様は女性であるというウワサもありますよね!
S_2
ふと、周りを見回したときに、山の神様のふところにいるのだなと、ちょっと緊張してしまいました。

そんな女岩をあとにすると、いよいよ山登りらしい傾斜になっていく・・・。カメラを肩にかけておくと安定しないので、とりあえずリュックにしまいこむ。。。登るのに一生懸命となりすぎて撮影を忘れがち・・・。そうはいっても途中でかわいらしい植物達との出会いを楽しみつつ、茅ヶ岳山頂へ約2時間ほどで到着! (植物達は現在名前を楽しみつつ調べているところです。お楽しみに!)
S_3
寒いくらいでした!しかも周りの山々は真っ白け・・・。金ヶ岳にいくのかどうか迷いつつ、暖かい飲み物とおにぎりをパクつく。これがまた美味しい!

折角だし、まだ時間も早いしと金ヶ岳へ・・・。

山と水と生命を感じることのできる岩への登山口のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ここまで、紹介しておきながらなのですが、茅ヶ岳も金ヶ岳も実は私の住むまち「韮崎」に登山口はあるのですが、山頂部や登山道のほとんどはお隣のまちなんですよね~。
あとですね~、女岩にたどり着くまでの間にも面白いところがあったんですよね~。帰り道として紹介しますね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「富蔵馬頭観音さん」訂正です!

すみません・・・。
富蔵馬頭観音さんのこと、単なる思い込みで書いてしまいました。。。

富蔵さんの馬ではなくて・・・、
富蔵山(とくらさん)岩殿寺(がんでんじ)さんの本尊の馬頭観音さんとの関係があるようです。

yottekurennkeさん、コメントをありがとうございます。コメントにありました「かやぶんかわら版」を早速拝読いたしました。

思い込みは怖いものです。やはりしっかり調べないといけませんね・・・。
本当に知らないことばかり、新たなことを知る機会の多い私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

これからはもうちょっと、一つ一つのことを丁寧に調べようと思います。obeの勘違いで「韮崎」まで勘違いされては困りますから…。

みなさん、obeの思い込み、どんどん指摘してくださいね!思い込みと思い入れの強いものでして・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上今井のお寺~

やっぱり筋肉痛になったobeです。

本日は上今井特集?の続きです。
どの村にも必ずといっていいほど、お寺さんや神社さんがあります。上今井にもやはりお寺さんがあります。その名は「法憧院」(ほうとういん)さんです。
Sdsc_0056
お寺があるのは普通なのでしょうが、門がフシギなのです。
Sdsc_0061
「どこが?」と思われるかもしれませんが、法憧院さんはお寺さんです。でもナゼが鳥居が山門として使われているではないですか!

お寺と神社さんは今では全く違う信仰と思っていましたが、どこかで神仏習合(しんぶつしゅうごう)とかいう言葉を聴いたことを思い出しました。それが、神仏分離(しんぶつぶんり)になったんだとか・・・。ちょっと考えすぎかな~。
神仏習合の世界がちょっと見ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝2万アクセス!祝茅ヶ岳初登山!

えーとですね!実はアクセスが2万件を突破しました~。
驚きです。アクセスカウントの方法も色々なのは分かっていますが・・・。

それに付きましても、地域限定版さらに思い込みと思い入れの混沌とした記事内容にも関わらず、多くの方々に私の住むまち「韮崎」のことを少しでも知ってもらえて嬉しいです♪

そろそろネタがなくなるのではないかとobe自身が思うときもあるのですが・・・、同じ場所に行っても季節や時間によって表情が違うし、obe自身の気持ちの違いでもやっぱり見え方が変わります。
ということで、ネタはなかなか尽きないのでありまして・・・。
これからも、こんな感じで、とりあえずブログを続けていこうと思いますので、みなさんよろしくお願いします。

そして、さらにobe自身にとって初物が・・・。
本日、茅ヶ岳と金ヶ岳に登ってきました!ちょっとだけ写真を紹介します。詳細は、上今井特集の次ですので・・・。
Sdsc_0113
足が痛いです・・・。久しぶりに山の中を6時間ちょっと歩きました・・・。温泉にゆっくりつかったので少しは疲れが取れましたが、明日は筋肉痛間違いなしです。

まだまだたくさん紹介したい瞬間のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

馬頭観音さん

今日も、上今井のことをちょいと紹介しますね♪
これまでもいろんな馬頭観音さんを紹介してきましたが、やはり上今井にも馬頭観音さんは祀られていました。
Sdsc_0033
こちらは「富蔵馬頭観音」と彫られています。上今井村の富蔵さんが大切にしていた馬が亡くなったので、その馬の魂を弔うために立てたものなのでしょうか・・・?
Sdsc_0035
こちらは、やさしいお顔をした馬頭観音さんです。江戸時代の天明年間に祀られたもののようです。
いろいろな馬頭観音さんが祀られています。一つ一つそれぞれいろんな想いが込められているはずです。馬頭観音さんを祀った人とその馬とがどんな生活を送ってきたのかは、石造物を見ただけでは分かりません。でも、馬と人との関係が深かったことは疑いようがありません。
馬と人との結びつき、そんなことに思いをはせることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トタンの下の茅葺民家

大きな剣と下駄の奉納されている山神社のことを覚えていますか?

その神社のある上今井の村の中の様子をお伝えします。
トタンが被せられていて、茅葺の部分は外からは見ることができませんで、村のメイン通りには茅葺民家が立ち並んでいます。
Ssdsc_0030
トタンが被せられていなければ、壮観でしょうね!とはいっても茅葺を維持するのも大変なことですしね。
Ssdsc_0031
さてさて、写真の茅葺民家は屋根の一部が突出していますよね~。「突き上げ二階」と呼ばれる構造なのだそうで、甲州の特徴でもあるようです。というよりも養蚕に適しているのかもしれないですね~。(あんまりよく知らないので・・・、間違っていたらゴメンナサイ。)
Ssdsc_0032
トタンで被せられているけれど、茅葺民家の村が今も残り、生活が営まれている。そんなホッとするような風景が残る私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えっそんな名前だったのね!~カンボク~

出会ってからなかなか名前が分からなくて・・・。
アジサイの仲間だと思っていたのですが、そうではないみたいです。
Photo
名前はカンボクです。
Photo_2
葉っぱはカシワというかアサガオというかなんだか特徴的な形をしています。
ガクアジサイと同じで、小さな花を取り囲むように白い花びらのようなガクが咲いています。
ちょっと湿ったところで育つようです。
出歩くといろんな出会いがあります。知らないことだらけです。調べることが楽しくなります。そんな楽しみがたくさんある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ちなみに、花言葉は年齢を感じるだそうで、木自体は爪楊枝などの加工に使われたそうです。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!
そうそう、この季節。。。山にはヒルがいますんでご注意くださいね!あの動きを見るだけでぞっとしますよね~。
明日からは久々に歴史系の記事を書いてみようと思っています♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アジサイもいろいろ♪②

前回は、大きなアジサイを紹介しましたが、今回は小さいアジサイです。
Sdsc_0004 
コアジサイ。
えっ、これアジサイだったの?と初めて知りました。それまではなんとなく小さい花が咲いているな~、で調べることもなく過ごしてきたのですが・・・。

調べてみれば、初めて知ることが多いのですよね♪
Sdsc_0005
まとまって咲いていると小さいながらも、とても壮観です。

梅雨のジメジメ感を吹き飛ばすような花が咲いている、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アジサイもいろいろ♪①

梅雨に咲く花のイメージといえばアジサイではないでしょうか?

漢字で書くと「紫陽花」。

でもアジサイといっても、いろんな種類があることを初めて知っちゃいました。
誰もがきっとイメージするアジサイからご紹介しますね。
Sdsc_0029
職場の近くで咲いていたアジサイです。
青い花びらのようにみえるのは、花びらではなくてガクだそうです。4枚の青い花びらのようなガクの中央に小さくかたまっている部分、これかが花だそうです。

アジサイの葉っぱにカタツムリが歩いて、それを長靴をはいた子どもたちが見ている姿。。。誰もがイメージする梅雨の一こまとまではいかないですが・・・。
梅雨でうっとおしいけど、ホッとする風景もある、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

紫陽花の色、土の酸性度が高いと青色に・・・、低いとピンク色になるんだそうですよ。とくにセイヨウアジサイは。ちなみに今日の紫陽花はセイヨウアジサイです。明日はかわいらしいアジサイを紹介しますのでお楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えっそんな名前だったのね!~オオバアサガラ~

まだまだ、初めての出会いというか、初めて知った名前・・・
Sdsc_0020
オオバアサガラ。

沢沿いで成長して、6月の梅雨の時期に開花する花だそうです。梅雨の時期に山に入ることはあまりなかったので、これまで気がつきませんでした。白い花が房状ぶら下がっていて、新緑の緑とのコントラストがとてもキレイでした。
Sdsc_0001
このオオバアサガラ、柔らかくて均質な材なのでマッチ棒や箸などの加工に使われていたようです。はたして、私の住むまちでもそんな風に使われいたのでしょうか?今度誰かに聞いてみたいと思います。

それにしても、季節によって自然の表情は違います。そんな表情の違いを感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アケビの子どもたち

アケビの子どもたちに出会いました。
Sdsc_0025
大きな木からツルが下がっていて、その葉の合い間から、アケビの子どもたちが顔をのぞかせていました。
Sdsc_0024
秋にはきっとおとなのアケビになって、また楽しませてくれるでしょうね!(でもobeが楽しみすぎたら、アケビには迷惑かな~、増えなくなっちゃうしね。。。とはいっても美味なんですよね~。)

そういえば、アケビの子どもたちに出会うのも初のような気がします。
まだまだ、初物特集?は続きます・・・。「人生初」そんな出会いがこれほど多い私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

最近はすっかり自然系のブログのようになっていますが・・・、ほんとは歴史系の方が好きなんですが・・・、梅雨の合い間のせっかくの晴れには自然にどっぶりつかりたくなるので・・・。

そういえば、アケビの花を見ることはできませんでした。来年挑戦です!ちなみに花言葉は「才能」「唯一の恋」だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

生まれて初の出会い~ギンリュウソウ~

以前、私の住む町の西の山には龍があらわれると、酔っ払いのたわごとのようなことを紹介しましたけど・・・。
Sdsc_0920 
実は、本当に龍に出会ってしまいました♪




銀色の龍・・・。
Sdsc_0010
銀龍草です。

銀色のタツノオトシゴみたいでしょ!
最初はキノコかと思ったのですが、調べてみたら光合成はしないけど植物だそうです!
Sdsc_0011
写真では見たことがありましたが、実物を見るのは初めてのことで、とにかくビックリしました。半透明な白くて、でも触ってみると意外と硬くて。

まだまだ、生まれて初の出会いがたくさん隠れているようです。そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヤマボウシ

ついこのあいだも紹介しましたヤマボウシですが、よく見るとちょっと雰囲気が違うのですよね~。どこか違うのかといえば、白い花びらのようにみえる部分がとがっていて・・・、あまり丸みがないのです。
Sdsc_1921
開ききっていないのかと最初は思ったのですが、このヤマボウシの木の全部が同じ形なのです。
梅雨の合い間のいい天気にちょっとした発見です!

ヤマボウシにも個性があるんだな~、そんな発見のできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノビル開花!

今日も、不安定な天気でしたね。。。
夕方には雨が降り始めて、梅雨だな~としみじみ感じてしまいました。

そんな中で、ノビルの花が開花です♪
Sdsc_1916
とっても小さな花ですが、なんともいえないかわいらしさがあります。

白にちょっと薄い紫色が混ざっていて、高貴なかんじさえします。
Sdsc_1918
「ずっと」観察していると、身近な小さな世界に引き込まれてしまうことがあります。そんな瞬間に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

今日はちょいと仕事が遅くなりまして・・・。天気が梅雨空だと、obeの頭の中も梅雨空らしくて…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アマガエル

引き続き、カエルちゃんとの出会いを。。。
ということで、本日はアマガエルです。
Sdsc_1896
トノサマガエルとちがって、足に吸盤がついているので、ちょっとした斜面も登っちゃいます。
Sdsc_1898
新緑色に身が包まれています。なんともすがすがしい色をしています。
カエルさん、田んぼを見て何を考えているのでしょうか?(何も考えていないか~、でも考えているようにみえるのはobeだけですかね?)
木々の新緑だけじゃなくて、身近な小さな動物からも新緑の季節を感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トノサマガエル

「トノサマガエル・アマガエル、カエルにゃ、いろいろあるけど、この世で一匹、平面ガエルのぴょん吉様は・・・♪」
ご存知の歌にも登場する「トノサマガエル」。

このアニメが流行っていた頃は、どこにでもいたと思います。カエルといえば、アマガエル・トノサマガエル・ヒキガエルといったもので、特にトノサマガエルはかっこよくて、殿様といった風格があるんですよね!
Sdsc_1901
でも、このトノサマガエル、実は最近少なくなってきていることに気づいていますか?
Sdsc_1899
絶滅や絶滅の危険のある生き物たちを本にした「レッドデータブック」では準絶滅危惧という位置づけだそうです。
トノサマガエルがいなくなっても直接obeたちには関わりがないかもしれません。でも、間接的に、そして長い目で見たときは何か関わりがあるのでは?
さて、どうしてトノサマガエルは減ってしまったのでしょうか?
梅雨空の下でちょいと考えてみたいと思います。
Sdsc_1903
考える前に、はやく田んぼに帰して・・・。

絶滅しそうだけど、まだまだなんとかトノサマガエルに出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

足元の小さな命。。大きな環境の変化ばかりが叫ばれていて遠い世界の話のようだけど、身近なところでもいろんなことが起きているんですよね。トノサマガエルに出会っていろいろと考えさせられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅雨といえばミッキー?

いよいよ、梅雨に入ったようですね。
梅雨の頃の花というと、アジサイが真っ先に思い浮かびますよね。でも、本日はもっと身近な足元でも見つけることのできる小さな花です。
Sdsc_1905
ツユクサです。
漢字では「露草」で「梅雨草」ではありません。花が露のようにはかないからだそうです。また、キレイな青い色が着色しやすいので「ツキクサ」とも先人達は呼んでいたようです。
Sdsc_1904
さて、みなさん、この花、何かに見えませんか?

去年、気が付いたのですが、obeにはミッキーマウスに見えてしまうのです。
「ブルーミッキーマウス」、新たなツユクサの別名です?

ということで、本日のタイトルは「梅雨といえばミッキー?」なのです。
小さな花だけど、愛嬌があってかわいいものです。そんなミッキーがあちこちでカオをのぞかせている私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

昨年の記事はコチラをどうぞ。といっても似たような紹介ですが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

快晴!

いや~、本日は快晴でしたね。昨日の雨で空気もスッキリとしていて気持ちがよかったですね。


ということで、いろいろと紹介しようと思ったのですが、本日は「韮崎」にはほとんどいなかったので・・・。
石和へいったり、須玉の奥地へいったり、
Sdsc_1875
そういえば、須玉の江草の山の中の道でであった大きな岩です。
信仰の対象になっていたようです。岩の下には大きな洞穴があって、観音様が祀られていました。
神秘的な岩は何か人をひきつけるものがあるんですよね~。

鳳凰三山にもありますよね、オベリスクが。
となりまちにもこのまちにも神秘的な岩のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »