« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の25件の投稿

田植えをする子どもたち

水曜日のことでした、外回りで車を走らせていると、子どもたちがたくさん集まっているのが見えた。

何だろうと、スピードを遅くして、そして、眺めると・・・。
Sdsc_1826
小学生達が田植えをし始めているところでした。
Sdsc_1829
先生方が持つロープの目印を目安にしながら、田んぼに苗を植えています。
泥で、動きにくそうですが、みんな上手に植えていました。

今や、田植えは機械化。でも、もともとは手で植えていた。。。汗をかきながらおコメを作っていたのですよね。おコメ作りにはもっともっと大変な作業があるのだろうけど、その大変な仕事の一つを子どもたちが体験できる機会のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

水曜日の外回りの仕事は堪えました・・・、途中から心地よい風が吹いたので、ほっとしながら仕事をしました♪実は、この記事水曜日にアップする予定だったのですが・・・、外回りによるノドの渇きを潤すためにちょっとのつもりが・・・、いつものごとく過ぎた潤し方になってしまいまして・・・。ちなみに昨日の休みとは関係ないですよ!今日も力いっぱい仕事しましたよ~、でも今日は呑んでいられないのです(泣)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ノビルの花のつぼみ

ノビルの花のもうすぐ咲きそうなところと出会いました♪
Sdsc_1823
白い花が咲くんですよね、つぼみが開いたところを見てみたいな~。と雨上がりの散歩途中での出会いでした。

本当にさもない身近な出会いです。でも、身近だからこそ大切にしていきたい出会いだな~と、考えることができる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

本日は珍しく、職場でお休みをいただきました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

竪沢溯上!part3

イケンテーラ(池平)に向かう途中の植林の中でちょっと奇妙なものが…。
石が積まれていて、なんだか古墳のようになっています。
Sdsc_1804
でも古墳ほどは大きくないしな~。
職場の人に聞いたら、「炭焼釜でしょ!」とあっさり。。。
Sdsc_1806
「まわりに斜面を削って平らにしているところとかなかった?」と…。
あっ、そういえばあった。道沿いに1つと、ちょっと奥まったところに1つ。

炭焼きをしていた人たちの小屋でもあったのでしょうね。

今じゃ、時間をかけて炭焼きをする人もいなくなってしまいました。でも、炭焼きをしていたことが残っている。。。
先人達の生活の一端を知ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

コメントをよくいただくpockyさんも竪沢のことを記事にされて、素敵な写真がこうかいされています(ココくりっく)♪ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

遅くに登り始めたので、イケンテーラのほとりまでは行かずに引き返してきました。昨年訪れたときには、イケンテーラにブラックバスの魚群がすごかった覚えがあります。
ブラックバスは放流禁止のはず…、以前いた魚達は絶滅状態でしょう・・・、きっとこの周辺に住むカエルたちも少なくなったのでは…、ということはカエルを食料にしていた動物たちも困っているはず・・・。めぐりめぐって、obeたちにも関係してくるはず。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

竪沢を溯上…、part2

滝で癒されてから出発です。ここまでで30分ちょっと、いい調子です!
Sdsc_1798
面白い看板に出会いました!
「人も小鳥も此の地球(球)が好だ」
obeもそうです、ただ、球が左右についているのはどんな意味が隠されているのでしょうか?ナゾです。。。
Sdsc_1802
登りに息をちょっと切らせながら、ふと大地に目をやると、
フタリシズカが咲いていました♪
Sdsc_1803
汗を拭きつつ撮影です。
名前の由来は、能曲「二人静」で静御前の霊とその霊に憑かれた菜摘女が舞いを舞う姿にこの花をだぶらせたものだそうです。
花言葉は「いつまでも一緒に」ということで、名前の由来を考えるとちょっと重たい感じが・・・。

さて、植物を眺めつつ、登っていくと、イケンテーラを眼下に望むことのできるところまで着ました!
Sdsc_1809
こんな山の中に池があるなんてフシギな感じがしますよね!身近な山でいろんな出会いがあるそんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

もっと時間をかけずに登ることができると思ったのですが・・・。途中で渓流釣りを楽しむ方々に出会いました!釣果はどうだったのでしょうね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

竪沢を溯上…、part1

本日は朝から雨が降っていたものの、お昼ごろにはほとんど雨が上がりました。

ということで、昨日のリベンジ・・・

とはいっても、もちろん茅ヶ岳ではなくて、南アルプスの前衛の山中にあるイケンテーラ(池平)に行ってきました。往復で3時間。。。

数回に分けて紹介していきたいと思います。

出発は武田八幡宮の弐ノ鳥居です。木造で厳かなんですよね~。鳥居の下には御輿を置くための石積みの台があったのですが、車の往来の関係で、現在は脇に置かれています。荘厳な鳥居はやっぱり歩いて通りたいですよね。
Sdsc_1793
田植えの終わった田んぼがきれいな風景です。なぜか癒されるんですよね~、日本的な風景だからなのでしょうか?

そんな田んぼを潤す水の源流を探る旅でもあります。
雨で沢の水量は多くて、以前歩いた時とは違う表情です。
Sdsc_1796
沢のところどころに、岩の高低差で、小さな小さな滝があって何ともいえないです。
そして、大きな滝にたどり着きます。
Sdsc_1801
滝に落ちる水の衝撃で風が起きていて、それを浴びているととても気持ちがよくてそれまでの疲れが一気に吹き飛びます。
ということで、今日の紹介はココまでです!

雨上がりの新緑を楽しめ、沢の音、そして風までも楽しむことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天気予報・・・。

本日は、ずーっと楽しみにしていた茅ヶ岳に初挑戦♪




の予定でした。昨日の天気予報で、雨の確率がと~っても高かったので、すでにあきらめていました。そして、ぐっすり眠って、ゆっくりおきました。

外では「チュンチュン」と鳥がさえずっています。

・・・・、天気予報はおおはずれ・・・。

「早起きは三文の徳」という言葉がよぎりました。
ということで、茅ヶ岳初挑戦は延期・・・。

早起きすることはいいことなのだと、あらためて感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。。。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

あー本当に早く起きればよかったな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野山の花~ノビル~

大地からひょろ~っと伸びているか細い茎の先に頭でっかちな丸いものがくっついています。
Sdsc_1740
ノビルです。
紹介したことがありますが、春の山菜として、根っこの部分は酢味噌和えにしたり、葉っぱの部分は炒めたりすると美味しいおつまみになります。

さて、これは花なのでしょうか?
と、まわりのノビルを見てみましたが、どれもみんなこんな感じなのです。
確か、小さな花を咲かせるはずですが・・・。

花を咲かせるものが少ないようですね。

「じっと」「そっと」「ずっと」見ていると、花が咲くのが当たり前と思っていた植物でも、咲いているところに出会う確立の少ない植物もいるんですね♪咲いているところを探し続けようと思いました。
いろんな発見のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野山の花~アカツメクサ~

先日、わに塚のサクラに会いに出かけたときに出会った花です。

紫色の「シロツメクサ」です。
アカツメクサと呼ばれているようです。
Sdsc_1745
花の色だけじゃなくて葉っぱの形もシロツメクサと違います。
そして、ムラサキツメクサとも呼ばれます。
よく見ると、花が全周同時に咲き始めるのではなくて、片側からなことがわかります。なので上から見ると、満月のようなシロツメクサと違って、ちょっと月の欠けたような感じです。


花言葉は「ゆたかな愛」だそうです。

新緑の季節、若葉色だけではなくて、いろんな初夏色を楽しむことができる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひる・ゆうがた・よる~鳳凰と孤高のサクラ~

朝の雨も昼前にすっかりあがり、青空が見えるほどに回復!
そして、空気も澄んでいて気持ちがよくて・・・、昼ごはんをさっさと食べて、田んぼに映りこむ風景を撮りにわに塚へ・・・。
Sdsc_1744
気持ちのよいひと時でした。

さらに、夕方、ちょっと職場の窓から外をながめると・・・。
Sdsc_1751
なかなかのグラデーション、自然の作り出す色はすごいと感動!

おかげさまで、ちょっと仕事が早く終わり、帰ろうとすると月がぽっかり夜空に浮かんでいて、車をわに塚へ走らせると・・・
Sdsc_1765
風でさざなみがおきて、月が丸く写らないものの、お月見を楽しんでいるわに塚とひと時を過ごして帰宅。

いつもと変わらない一日かもしれない。でも、どこかが違う。それは空の色かもしれない、月の色かもしれない、桜の色かもしれない、風のせいかもしれない、いろんなことが重なり合って見ることのできる風景。そんな風景を楽しむことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

今週は、歴史系で更新しようと心に決めていたのですが…、あまりにも空気が澄んでいて気持ちがよかったもので…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

丸石神さまの道祖神~旭町上条南割久保~

村の鎮守というと立派な本殿や神楽殿などのお社があるものだと思いがちですが・・・。

村を守ってくれる神様には道祖神さんがいらっしゃいます。
そして、いろいろな形のものがあります。
Sdsc_1628
旭町上条南割の久保集落で出会った、道祖神さんです。
円い石が祀られています。丸石神様です。
Sdsc_1630
手前の石の柱の裏側を覗いてみると、「昭和三年十一月十日 久保組青年建立」とあります。
意外と新しいな~、と思いつつ。。。石段に目をやると・・・。
Sdsc_1629
もともとお石塔だったものが石段に再利用されていました。銘が彫られていました「當村 米山青七」。

きっと久保集落ができた頃から祀られていた道祖神さんなのでしょうね。時代が変わっても、神様への感謝の気持ちが今も生きている、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

雨が降り始めましたね。明日も雨だそうです。雨上がりの澄んだ空気を思いっきり吸うことを楽しみにして・・・、お休みなさい・・・zzz。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野山の花~タンポポ~

花といっても、もうすでに来年に向けての準備をしている花です。

咲いていた頃の黄色はまったくなくて、どちらかというとモノクロの世界。
でも、綿のようにふんわりとしていて、
そして、そっと・じっと・ずっと見ていると、
Sdsc_1682
大空に咲いた花火のようにも見えます。

風に乗って、どこまで運ばれていくのでしょうか?
小さい頃は、「ふっー」と思い切り息を吹きかけて、飛ばすのを楽しんだな~。
ついでに、茎の断面に裂け目を入れるとクルクルとカールするのを水車みたいにして遊んだような想い出があるな~。

次世代へのつながりを身近で見ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

タンポポの種、韮崎の素敵なトコやコトも伝えてくれたりするとうれしいな~!そういえば、今の子どもたちは植物達で遊ぶということしているのかな~。いろんな遊びをすれば、身近な植物たちのことを覚える機会が増えるのにな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

巨大な岩がご神体~巌宮神社~

韮崎の北部の穴山、そこにはたくさんの素敵なトコがあります。
穴山の久保集落の西の七里岩の中腹あたりに、神社さんがあります。

その名を「巌宮諏訪神社」といいます。
Sdsc_1596
大きな岩の下に、神社があるのです。
頂上が三角形のこの岩が神秘的に感じて、ココロのよりどころとなったのではないでしょうか?
Sdsc_1598
神社の境内は石積みで沢をうまく取り入れて、きれいな庭園のようです。石が苔むしているところがまた何ともいえません。

さて、いつもの参考書『甲斐国志』にはどんなことが書かれているかというと、
「久保にある諏訪神社は巨岩を神様として祀っています。その近くのお稲荷さんの祠には二抱えほどの大きさの桜の老木があって、花が咲き始めると豆をまき始めるので、地元では「豆まき桜」と呼んでいます」
と書いてあります。残念ながら、桜の老木には気が付きませんでした。

先人達の感じた巨大な岩への神秘性、それを今も感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

本日は結構、歩きましたよ~。写真を撮るのを忘れるくらい、いろんな発見がありました♪問題なのは本当に写真を撮り忘れていること・・・。ということで、せっかくの素敵な出会いの紹介もちょっと少なめ・・・、穴山めぐり再チャレンジをしなくちゃ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わに塚のサクラとの朝

本日は早起きができました!ということで、久々にわに塚のサクラに出会いに行きました。

かなり田植えが進んでいましたが、まだ水の入っていない田んぼもあり、田植えの時期ど真ん中!といった感じでした。
Sdsc_1700
霞のかかった中、だんだんと空が明るくなって、一日の始まりと告げようとしています。
Sdsc_1699 田んぼにはられた水のキャンパスにサクラと空がとてもきれいです。
Sdsc_1720
日がのぼり、太陽までもキャンパスに描かれ、太陽が二つで二重に「おはよう」を言ってくれているみたいです。

昔ながらの田んぼのキャンパスに描かれる絵を見ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

お供を連れたスーパークラフトさんにお会いしました。久々です。まだまだ早起きが慣れていないのでボケボケしていました。スミマセン・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

野山の花?~マツ~

花ということではないのですが。。。
職場の近くで元気すぎるくらいに育っているマツの先端を見てみると紫色の小さなモノが付いているのが気になりまして・・・。近づいてみると・・・。
Sdsc_1686
小さな小さなマツボックリでした。
赤ちゃんマツボックリで生まれたてといった感じです。

先端に二つあって、なんだかかわいらしいもんです。
さすがにマツには花言葉はないかな~と思いつつも調べてみると・・・

永遠の若さ・慈悲・同情などです。しっかりと花言葉、ありました。

いろんなモノやコトの成長過程を知ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ようやく早く目が覚めて、ちょっとはカラダが慣れてきたようです。朝散の再開、ソロソロかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野山の花~ヤマボウシ~

足元ばかりをみているとちょっと高いところに咲いている花に気がつかないことがあります。雨があがって陽射しが降り注いだので、ちょっと顔を上げてみると・・・。

ちょっと若葉色がかった白い花がたくさん咲いていました。咲き具合から見て、かなり前から咲いていたようですが、まったく気がつきませんでした。
Sdsc_1685
ヤマボウシです。漢字では山法師と書くようです。
さて、もう少し調べてみると、白い花びらだと思ったものは花びらではなくて、花自体はまん中の丸くなっているものが花の集合しているもののようです。
Sdsc_1684
花自体が小さいから、ガクを白く大きく見せて、受粉するためにムシたちをさそっているのでしょうかね?

さて、花言葉はというと、「友情」だそうです。なぜ、そのような花言葉なのかはよく分かりませんが、いい言葉ですね!

花とは関係ないですが、今日はある方に貴重なもの(古い手紙や絵葉書などなど)を見せていただきました。そこにはいろんな歴史が詰まっていました。大切に保存されていることが頼もしく見えたりもしました。そんな方の住む私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

戦時中に戦地に向けて書かれた手紙の中にサクラの花びらが添えられていました。手紙にはふるさとの春を思い出してくださいねといったことが書かれていました。戦争を知らないoberisukuですが、胸が締め付けられました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

野山の花~アマドコロ~

今回も野山の花でいきたいと思います。

小さな白い鐘がぶら下がっているかのように咲いている花です。
ナルユリにも似ていますが、茎が丸くないので、アマドコロでいいかと思います。

このアマドコロ、若芽などが山菜として食されるのだとか・・・。でも似ているナルユリはお腹を痛くするのだそうです。自信のないものは食べることは控えておこうかな、ということで食べてみたことはありません。
Sdsc_1570
食すことができるかどうかはともかく、野山で足元に咲いている花に出会うとなんだか気持ちがよくなります。白色にちょっと若葉色が混ざっていて、目立つ花とはいえないですけど、なんだか出会うとホッとして、なんだか元気になります。

ホッとできる瞬間が足元にある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

花言葉は「元気を出して」や「心の痛みのわかる人」だそうです。ちなみに出会ったのは韮崎中央公園です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野山の花~シロツメクサ~

去年の今頃にも確かご紹介したような気がしますが、一年も経つと見るところもちょいと変わりましたので。。。

見たとおりのシロツメクサですが、名前の由来は・・・、

白い爪のような花だから
Sdsc_1675
ではなくて、

梱包材の代わりとして詰め物に使われたからだそうです(これ、去年書いたような気がします)
Sdsc_1673
何が去年と変わったのかというと、白い爪のようになものを花びらと思っていたのですが、違ったのです。花びらであることは間違いないのですけど・・・。
Sdsc_1674
たまたま蜜を吸いにきていたハチさんの動きを見ていたら、白い爪の一つ一つに顔を突っ込んで蜜を吸っているではないですか!
そうなのです。シロツメクサは小さな爪のような花の集合体だったのです。
はじめて気がつきました。

小さな発見かもしれないけど、oberisukuにとっては大きな発見、そんな発見の瞬間に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ちなみに、花言葉は「約束」「私を思って」とかだそうです。そういえば昨日のニセアカシアの花言葉は「親睦」・「友情」・「頼られる人」だそうですよ。

最近というか、4月以降早起きができなくて・・・、もう5月も中旬で春眠でもないのだけど、困ったものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

野山の花~ニセアカシア~

ちょっと更新をサボってしまいました。

さて、昨日から雨です・・・。雨の後は空気が澄んでいて好きなのですが、出かけるのがめんどうになるのも事実です。

職場の近くの若葉色の中を歩いてみました。
陽射しがなくても若葉色が眩しいです。
そして、白いブドウのように花が咲いていました。
Sdsc_1666
ニセアカシアです。
もともと日本で育ったのではなくて、明治時代に輸入されたものだそうです。
Sdsc_1672   
ちなみにニセアカシアは輸入されたばかりの時はアカシアと呼ばれていたようですが、その後で本当のアカシアが輸入されたので、「ニセ」がついて呼ばれるようになったようです。
ちなみに、「アカシアのハチミツ」の蜜はニセアカシアの蜜なのだそうです。
Sdsc_1670_3
雨の日でも若葉色や初夏の色を楽しむことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

明日はちょっと晴れ間があるようですね。早起きできたらわに塚のサクラへ出かけてみようかな~。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

椿の家?~西国原大神のナゾ~

本日は穴山での出会いに戻ります。
宮崎県知事の東国原さんのおとなりと関係のありそうな西国原大神を祀ってあるところで出会った、お石塔さんたちの一つに刻まれた文字を読んでみようなどと、無謀な挑戦を・・・。
Sdsc_1587
椿山館之由来 我邸内有一巨椿樹令
推定五百年高幹枝群枝葉展開四方如小

山毎春花蕾被全枝満山如燃其美其麗絶

言語里人呼椿山吾居椿山館之号益是起

因然客秋樹態来●状遂枯死嗚呼命哉痛

惜可耐附乎茲記梗概伝●昆矣

昭和二十一年二月   島津忠三誌之

と刻んでありました。
読めない部分もありますが、だいたいこんな意味なのだろうと・・・。
椿山の屋敷のいわれ

 私の屋敷には樹齢500年にもなろうかという大きな椿の木があって、枝や葉が四方に広がっていて小さな山のようでした。春には全部の枝につぼみがついて、美しくて言葉に尽くせない麗しさなので、村の人たちから椿山と呼ばれていました。そこで、私の屋敷は椿山の屋敷と呼ばれるようになったのです・・・
といったような内容で、その後枯れてしまったのでお石塔を建てたようです。
椿の咲き方を見て、それを一つの山と見て、そして屋敷の名前にまでしてしまう、そんな風流な先人達が住んでいた私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

ってことは、神社だと思っていたこの場所は、もしかして神社じゃなくて民家だったのでしょうか?知らなかったとはいえ、無断で他人の家に上がりこんでしまったようです。スミマセン…。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おたまじゃくし♪

きっともうカエルになっているのかもしれませんけど、
いまさらですが、おたまじゃくしです。
Sdsc_1515
オタマジャクシはカエルの子です、ということは、オタマジャクシの時にすでに違いがあるのだろうか?と不思議に思い、調べてみました。
Sdsc_1562
調べるまでもなく、やっぱり違いがあるようで。

今回、出会ったオタマジャクシはヒキガエルのようです。

最初の写真は新府城の堀の中なので、今頃もうカエルになっているかもしれませんね。

次の写真は苗敷山の林道のクボミにたまったちょっとした水溜り、最近天気がよいので水が枯れてしまっていないかちょっと心配です。

oberisukuがこのまちにきた頃、家の前には田んぼがあって、もうちょっとするとカエルの合唱コンサートを無料で聴けたものですが・・・。
数年前実家に帰った時には田んぼが埋め立てられていて・・・。

それでも、まだまだ、このまちにはカエル専用の野外合唱コンサート会場がたくさんあります。そして、そんなコンサート会場ではホタルがペンライトでも振っているかのように飛び交う姿の見ることの出来る会場もある。まだまだ、「ふるさとのイメージ」として浮かび上がる風景のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

昨日衝動買いに近い感じで購入した本、まだ読み途中ですが、結構面白くて・・・、両方とも、半分くらい読んでしまいました♪ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

水の引き始めの頃~わに塚のサクラ~

穴山の紹介したいトコがまだまだあるのですが、本日はわに塚のサクラに久しぶりに出会いに行ったので・・・。

なんとなく車を走らせたら、わに塚のサクラの方へ足が向いたので、いってみると。。。
Sdsc_1648
田んぼに水が入り始めています。まだまだ水面が鏡のように・・・ってな感じではないですけどね♪ちょっとだけわに塚のサクラの姿が水面に写りこんでいます。。
Sdsc_1647
周りには田植えを待つ、子ども苗が元気よく日光浴をしています。
Sdsc_1652
わに塚のサクラも若葉色から夏の緑色に覆われてきていて、一回り大きく成長したかのような錯覚を覚えます。
もうすぐ、逆さわに塚のサクラを見ることのできる季節になります。
ちょっと足を向けていない間にもドンドン成長するサクラ、そんなサクラの成長を見ることの出来る私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。


スーパークラフトさんに、「来る時には連絡してね!」とお誘いを受けていながら、連絡を取らずに…、スミマセン…。本当に勝手気ままなGWを過ごしておりまして…。
親子組みや三脚持ちのカメラマンも見に来ていました。

わに塚のサクラと会ってから、本屋さんにいって『雑草のはなし』と『地域の力』なんていう新書本を購入しちゃいました。GW最後の日なのに読み終わるのだろうか~?
久しぶりにノンビリと過ごしました。明日は穴山での出会いの続きを予定してま~す。
ブログランキング・にほんブログ村へ
参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道しるべ

穴山で道しるべに出会いました。
今の道からはまったく見ることの出来ないところにひっそりと立っています。
Sdsc_1592
村と村を結ぶ三叉路のような場所のようです。
迷わないように、大正12年に青年団が立てたようです。
「向テ 右穂足・・・ 左重久・・・」
Sdsc_1593
これだけしっかりとした道しるべがあれば、間違えることはないですよね!
「向テ 右久保ヲ経・・・ 左境之澤新・・・」
歩いて見るには、この位の大きさが品があっていいな~。
今や忘れかけられている道しるべ、でもちゃんと役目を今でも果たしています。
いろんなモノやコトの役割り、歩けばいろんなことに気が付くことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!


今や車社会、大きな大きな看板が道の脇には立っています。ドライバーの皆さんもあれだけ大きければ間違わないでしょうね、、、でも、あんなに大きくなくても・・・、もしかして看板がもう少し小さくなれば、看板を見るためにスピードの出しすぎとかなくなるんじゃないかな~。。。そんなことを考えてしまいました。
さて、明日でGWも終了です。GW中もおもてなしのためにお仕事だったみなさん(他のお仕事の方も)、ありがとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

西国原大神?

予定通り、穴山を散策しました。
フシギな出会いがありました!建物は見当たらないけど、鳥居があって、杉並木で参道のような場所がありました。
Sdsc_1585
中にお邪魔してみると、建物があったのかな~といった場所があって、そこにはいろんなお石塔さんがありました。
鳥居がどうしても気になったので、額を見直してみると・・・
「西国原大神」を彫られています。
Sdsc_1586
東国原さんは宮崎県知事で有名だけど、西国原・・・?

ということで、いつもの本で調べてみましたが、分からず・・・。

周りのお宅の名前が嶋津(島津)さんが多かったので、今度は島津さんで調べてみると、
南九州地方を治めた方だそうです。ついでに、東国原さんの西側には西国原さんがいらっしゃるようです。

ということで、この周辺の嶋津(島津)さんが、祖先への畏敬の念を込めて、建てられた神社なのかなと、勝手に解釈しちゃいました!
まだまだ、出会いはあったのですが、今回はここまで!

まだまだ、知らないことだらけ、奥の深い私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

本日は欲張って、いろいろなイベントへも出かけました!
まずは、風土記の丘の子どもまつり(子供のいないoberisukuでもOKでした) 。
Sdsc_1603
Sdsc_1622それから釈迦堂資料館にいって土偶作り! いやいや周りの子どもたちよりも楽しんだかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな生き物たち~マルハナバチ~

本日からGW後半突入ですね!

とはいっても、遠くへ出かける予定などはなく・・・。

でも、渋滞に巻き込まれることもなく、ゆっくりと身近なトコやコトを見歩くことが楽しいのですよね~♪

私の住むまちにある博物館に出かけてみると、駐車場はツツジが満開でした。
車を降りると、
「ブ~ン」
という大きな羽音が・・・。
Sdsc_1575
黒くて毛むくじゃらの丸いハチ、マルハナバチがツツジの蜜を吸ったり、花粉を足につけたりしていました。とっても働き者で、ツツジの花を一つ一つ訪ねまわっています。
Sdsc_1578
調べてみると、とても温厚なハチだそうで、余計なことをしなければ刺されるようなことはないようです。というよりも、花を訪ねまわることに一生懸命で、人の相手はしてられないみたいです。

花はハチに蜜と花粉を、ハチは花に受粉を・・・、お互いに支えあっています。言葉はなくても、お互いを助け合っている。。。なんだかいい雰囲気です。そんな雰囲気に出会うことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

せっかくの連休に何の予定もないというのも寂しいものです・・・。ということで急遽決めました!明日は穴山町周辺を、明後日は、旭町周辺を、そしてネットで何か面白そうなイベントでも探してみようかな~。
そういえば、博物館の名前は韮崎市民俗資料館でした。小さな企画展をしていました。元祖武田家のすごいもの?が展示されていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野に咲く花~カタクリ~

さて、本日も野に咲く花シリーズ?です。
出会ったのは、カタクリで、先輩家族とハイキングした時のことです。
Skatakuri1
去年、咲いていたことを知っていたので、今年はどうかな~とちょっと心配していたのですが、ちゃんと咲いていました。群生はしていないですが、去年よりも生えている場所が広がっているようでした。

ところで、片栗粉は本来、カタクリの根からとっていたんですよね、今じゃジャガイモ澱粉のものばかりですけど。。。
そういえば、葛粉もクズの根からとったものはほとんどないですよね、、、。去年苦労してクズ粉作りに挑戦してみましたが、水をかえるごとに純白になっていくのが楽しかったです。料理に使うとなんとなくいつもの葛粉よりも美味しいような気がします。
Skatakuri2
先人達は植物の美しさも愛でるとともに、食してもいたのですよね。人と植物の付き合い方をふとした瞬間に感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!


忘れるところでした、柄にもなく花言葉を調べてみました・・・
「初恋」とか「寂しさに耐える」でした。花がうつむき加減なところがはにかんでいるように見えたり、寂しさに耐えているように見えたりしたからなのでしょうかね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »