« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の27件の投稿

野に咲く花~フデリンドウ?~

昨日はいつもお世話になってる職場の先輩のご家族と一緒にちょっとハイキングをさせていただきました。

いろんなところへ行ったのですが、中央公園というサッカー場やミニSLなんかのあるところで出会った花です。最初はまったく気がつかなかったのですが、あちこちで花を咲かせていて、なんともいえない風景なのです。あまりにも足元過ぎて・・・、でも「じっと」・「そっと」・「ずっと」見ていると目の前には素敵な風景が広がったりするものなんだな~とあらためて感じました。ところで、その花の名は・・・、
Sdsc_1572
たぶん、フデリンドウだとは思うのですが・・・、とても似ているハルリンドウかもしれません。見分け方を知らなかったので・・・。根元近くをみると違いが分かるのだとか・・・。

さて、フデリンドウということで、いつもの花言葉ですが
本当の愛、正義、誠実、高貴などです。今まで気にしなかったところにも、いろんな出会いがあります。それは本当に小さな小さな出会いかもしれません、でもそんな小さな出会いを楽しめる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

Sdsc_1567
見晴らしのよいところから、先輩が子供たちにお家の場所を教えている後姿をみている奥様の後姿をちょいと撮らせていただきました。
温泉もいって、夕食までお呼ばれして、しかもお泊り・・・。感謝です。
「oberisukuのおじちゃん、今度いつ来るの?」という小学生に成り立てのお子さんからお誘いまで受けちゃいました(笑)。でも鋭い突っ込みも・・・
「おじちゃんは何で子どもいないの?」
「あははは・・・・(子どもがいないんじゃなくて奥さんになってくれる人がいないのよ~)」
GW前半の最大の楽しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生きてるんだな~♪

孤高の一本サクラ、わに塚のサクラ。。。

昔はどんなだったのでしょうね?実は知り合いの方から、30年ほど前のわに塚のサクラの写真を見せていただきました。
S
ブログにのせた~いとお願いしたら、「いいですよ」と快く御返事をいただきました!
この写真は、個人的な利用も含めて転載等はご遠慮ください!このブログのページだけで楽しんでください。お願いいたします。

同じような方向から、撮りためした写真を見てみると・・・、
Ssakura
30年で大きくなったものだな~と、成長ぶりに驚いてしまいました。
これから、30年後、60年後はどんな姿に成長するのでしょうか?
派手でなくてもいい、次世代へ伝えていきたいサクラだと思いました。そんなサクラのある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

さてさて、GW真っ最中ですね、、、oberisukuはウズウズしています。後半から動き出す予定でしたが、我慢できず・・・、本日ちょっと動き出します。。。
コメントをいただいている方、リコメントが遅れ気味で申し訳ございません。。。今日、明日には必ずリコメントしますので・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

野に咲く花~ヤマブキ~

またまた、本日も新府城で出会った花シリーズ?です。

ところで、バラというとヨーロッパというイメージがありませんか?
でも「ジャパニーズ・ローズ」という日本の薔薇があるってこと、知ってるけ~!

たぶん皆さんみたことはあると思います。山の中で咲いていてもかなり目立ちますので・・・。
Sdsc_1513
実はヤマブキなんです。
見た目はなんとなく外国産かな~とおもっていたのですが・・・。

万葉集でも歌われていて、春の季語となっていました。ヤマブキ色っていう色の名前もありましたね!
Sdsc_1514
ちなみに、花言葉は「気品」とか「崇高」だそうです。確かに気品があって、咲いている姿は崇高ささえ感じてしまいますものね♪

若葉色の中に点々とヤマブキ色が彩られ、ぽかぽか陽気の気持ちのよい私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

いや~、本当に今日はぽかぽか陽気でしたね!というよりもちょっと暑いくらいでしたね。。。早く出かけたい・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野に咲く花~カキドオシ~

本日も撮りためした、新府城跡の足元の花です。

紫色にちょっと明るい斑点があって、正面から見ると「あっかんべ~」しているみたいな感じです。
Sdsc_1546
名前はカキドオシです。
花が咲き終わってさらに成長すると垣根を突き通す勢いで伸びていくからこの名前がついたそうです。
花の時期に、水洗いして陰干しにして生薬にしたものを連銭草(れんせんそう)といったり、子供のかんを取り除いてくれる薬にもなるので疳取草(かんとりそう)ともいうそうです。(oberisukuは漢方の薬剤師でないので・・・、「薬用植物一覧表」というHPを参考にしました。)

さて、いつもの花言葉はというと・・・、

「楽しみ」とか「享楽」だそうです。

「楽しみ」ですよね~、GW!ということでカキドオシを紹介してみました♪
みなさん、oberisukuの分も楽しんでね~♪

それにしても本当にいろんな植物が生きています、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

せっかくの週末&GW初日なのにスッキリしないお天気ですね、、、。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野に咲く花~ヤマツツジ~

今回も新府城跡で出会った野に咲く花です。

オレンジ色というか、もっといろんな色が集ったようなきれいな明るい色で、城跡の中を彩ってくれています。
Sdsc_1508
ヤマツツジです。
点々と咲いているのがまた何ともいえず、探し出すのが楽しくなります♪

そんなヤマツツジの花言葉は・・・、
「燃える思い」や「努力」などだそうです。
燃えるような色をしているといえばそうかもしれないかな~、高い木に負けずに花を咲かせているところが努力といったところなのかな~。

もう周りは若葉色であふれています。そんな中にいろんな色の花が咲いている。そんなとこがたくさんある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

明日からGWですね!oberisukuはいろいろとね~、GWはおあずけかな~。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野に咲く花~キュウリグサ~

小さくて青い花が咲いていました。2mm程度なので目立たない花ですが、よく見かける花です。
名前はキュウリグサです。
Sdsc_1378
キュウリのような実がなるわけではなくて、茎や葉をもむとキュウリの匂いがするからだそうです。
そして、ワスレナグサにとても似ています。
Sdsc_1380
花言葉は愛しい人へとか真実の愛だそうです。名前とはかけ離れた花言葉ですが、花を見るとなんとなくうなずけるような気がします。

足元すぎて見落としがちですが、大地にはいろんな花が生きています。

決して目立つ花ではないかもしれません。でも大地に生きているんですよね~♪大地に温かみを感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

そういえば、キュウリっぽい匂いがちゃんとするキュウリにお目にかかる機会がほとんどなくなりましたね、トマトくさいトマトもあまり出会わなくなったし・・・。ちょっと寂しいな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

野に咲く花~ジュウニヒトエ~

本日も新府城跡で出会った足元の花です。
Sdsc_1512
ジュウニヒトエです。薄い青紫色の花が段々に折り重なって咲いていて、ジュウニヒトエという名前が付けられたのもうなづけます。
Sdsc_1511
ちなみに、花言葉は「強い結びつき」だそうです。

強い結びつきが野に咲き誇っている、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

もうすぐゴールデンウィークですね、皆さんはどんな計画をたてているのかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここに?~イカリソウ~

お新府さんのお祭りでブラブラと新府城跡を散策していたらかわいらしい花に出会ってしまいました♪
Sdsc_1509 イカリソウです。本当に「イカリ」のような形をした花です。
そして花言葉は「イカリ」は船を留めたり出発したりするものなのだからなのでしょうか?「人生の出発」・「君を離さない」・「あなたをつかまえる」などだそうです。。
Sdsc_1510
雲色・淡葡萄色・濃葡萄色(こんな色の名前ないと思いますが、勝手につけてしまいました。雲は白、後は薄紫、紫といった感じです)と色が色々で咲き誇っていました。

なんだか春祭りのお神楽の音を聞いて、それにあわせて踊っているかのように揺れていました。
まだまだ春真っ最中!春祭りでも足元の自然でもそんな季節感を感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

結構たくさん咲いていましたが、道端で出会う機会は少ないと思います。。。いろんな方のブログを読むと出会っているようですが・・・。ここにたくさんあるからといって、掘り返して持ち帰らないようにしてくださいね。その場所に咲いているからこそ、素敵なのですから♪最近たびたびブログを訪問させていただいている「C-chanのブログ」で紹介されていて、見たいな~と思っていたところだったのでかなり嬉しかったです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の祭り!お新府さん2

お新府さんのお祭りでもお神楽が奉納されています。
Sdsc_1488
今年はこれでお隣の明野の子ども神楽を含めて5つのお神楽さんを見学させていただきましたが、神楽殿で舞う姿は何ともいえない迫力というか神秘的というか・・・。
Sdsc_1484
お新府さんの神楽殿はこのような感じです。本殿よりもちょっと一段下の平らなところに建てられています。足元はサクラの花びらが敷き詰められています。
Sdsc_1504
そんな神楽殿のはずれに「神楽殿一棟大願成就」と中央に彫られた大きな石碑が建っています。それを読むと昭和8年10月に完成したことがわかります。
地域の力によってお神楽が支えられ伝えられているそんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

ニュースで国宝の善光寺にスプレーによるいたずら書きが発見されたとのこと・・・、残念です。「してしまったこと」、「してはいけないことを伝えられていないこと」・・・どちらのことにも残念です。ニュースの中で「その国の文化の程度がわかる・・・」と発言がありました。はたして、「日本(地域)の文化(財)を知る」、「その文化(財)を守るココロを育む」、ことへの取り組みに力を入れられているのでしょうか・・・。
そんなことを考えながら、お神楽のブログを探しながら見ていたら、お隣りの明野さんの子どもお神楽の活動が掲載されているものがありました(ここクリック)。地域の文化(財)を守り伝えるココロを育むことへの熱心な取り組みにホッとしました。とともに、ガンバレ私の住むまちも!

明日はお新府さん祭りで出会った足元のお花たちを紹介しますよ♪たぶん・・・、その前に桃源郷の写真を・・・。
Sdsc_1482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の祭り!お新府さん1

本日4月20日は通称「お新府さん」の春祭りです。
「お新府さん」は、藤武神社という武田氏最期の城「新府城」の本丸に鎮座している神社さんです。
お祭りの紹介の前に、神社さんの名前の由来を・・・。
この神社さんのある新府城からは藤井の庄と武田の庄を見下ろすことができるということで、藤と武の漢字をとって、「藤武神社」と呼ぶようになったということです。

さ~、お祭りの方ですが、神楽殿ではお神楽の奉納がおこなわれ、他の場所ではカラオケによる歌が奉納?されています。

このお祭りの醍醐味は急な階段をお御輿をかついでかけあげるシーンでしょう!
どんな階段かというと・・・。四百数十段・・・。
Sdsc_1502 
そして駆け上ってきたところです・・・。
Sdsc_1525
担いでこられた方々は見る余裕がなかったかと思いますので・・・、本日の本丸からの桃源郷の様子を。。。
Sdsc_1492
重たい重たいお御輿を地面につけないように、一気に運び上げる。。。どんな気持ちが込められているのでしょうか?たくさんの気持ちの詰まったお御輿が奉納される。それが今も伝えられている私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

お祭りでは駐車場などなどで地域の方々がお祭り成功のために整備されていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

若芽の芽吹くわに塚のサクラ

雨かと思ったら、晴れ間が出てきて気持ちがよかったので、わに塚のサクラに久しぶりに会いに行ってきました。
Sdsc_1464
若葉色が全体をおおい始めていて、桜色の時とはまた違った風情があります。
Sdsc_1470
サクラの立つ大地にはハナダイコンやタンポポが咲き誇っています。
Dsc_1477田んぼも土がかき混ぜられていて、水がはられて、田植えが始まってくるんだろうな~。。。また逆さわに塚のサクラと出会えるかと思うと、楽しみです!
Sdsc_1471
周りの山々も若草色がモコモコしていて、これから枝や葉を伸ばして成長するぞ~という意気込みさえ感じてしまいます。

せっかくなので、昨年オープンした韮崎大村美術館まで足を伸ばして・・・。
すると「女流画家に描かれた花」という企画展の真っ最中でした!
Sdsc_1481
同じ花でも人によって感じ方・描き方が違うんですよね~。

いろんな季節を楽しむことのできる自然があって、いろいろな感性で描かれた絵画を見ることができる美術館のある私の住むまち「韮崎」は素敵だ思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

さてと、お昼寝もしたし、まだまだ日が落ちるには時間もあるし、またブラブラしてみようかな~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春の祭典!~山神社~3

いよいよ、お神楽さんです。
この神社のお神楽を舞う舞台、神楽殿はかなり立派で、とても大きいです。舞台には手を伸ばしても届かない高さです。本当に神様へ奉納しているのだな~と感じてしまいます。
Sdsc_1430 Sdsc_1438c
ゆっくりとお神楽を楽しんでいると・・・、階段からワイワイにぎやかな声が聞こえてきます。
穂坂小学校の2年生が地域のお祭りを見学にきたようです。
Sdsc_1443
それに合わせるかのように、餅まきのあるお神楽がはじまりました。
「もちちょうだ~い」
「けち~もっとちょうだいよ~」
「ありがとう~!」
Sdsc_1438 
なんだがにぎやかなお祭りとなりました。お山の神様もご機嫌なのではないでしょうか?

地域の子どもたちが地域のお祭りに参加している、どんなお祭りなのかはまだ理解できないかもしれない、でも、確実に伝えられている。。。そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

そうそうお札をいただきました。雲に乗り立派なひげをたくわえ刀と弓矢をもった霊験あらたかな大山津見命が描かれているものです。力強い神様です。来年の春祭りまでoberisukuのことを守ってくれそうです♪お願い事もしましたよ!どの神社さんでも同じコトをお願いしているのですけどね。。。なかなかかなわないんですよね~、信心が浅いのでしょうかね~・・・・。

さてさて、今日はどこに出会いを求めてブラブラしようかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の祭典!~山神社~2

階段をのぼって、奥の院に向かいます。。。
お気に入りのネズミサシの木を使った素敵な鳥居をくぐり、奥の院に到着します。
Sdsc_1428
祭典の準備が整って、凛とした空気を感じることができます。
Sdsc_1426
奥には四本の御柱でお山の神様がお座りになる座があり、拝殿には大きな下駄があって、お山の神様がとても大きな神様であることがわかります。
Sdsc_1423
じっと見ていると、腰をかけた神様が見えてきそうな・・・、そんな雰囲気です。
Sdsc_1422
とても大きな鉄剣にもお札が貼られていて、お祭りらしさをかもしだしています。

目には見えないけど、神様の雰囲気を感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

雨ですね・・・。明日には上がってくれないかな~。せっかくのお休みなのでお出かけしたいんだけどな~。

追加:お山の神様の場所はココ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の祭典~山神社~1

4月17日は山神社の春祭りの日です。平日だろうが、休日であろうが、17日に行われるお祭りです。最近はお祭りに参加する方々のために土日にずらすことが多いのですが、この神社さんの春祭りの日取りは変わらないのです。。。

お気に入りの春祭りなので、お神楽さんの紹介まで数日かかってしまいそうです♪
Sdsc_1417
さて、韮崎のまち中から20分程度車を走らせると、旗が立てられていて、お祭りの雰囲気が伝わってくる神社のふもとに到着します。
Sdsc_1419
かなり急な階段を登っていくと、途中には赤や白の布キレが垂れ下げられています。
甲府の山神会の方々が昭和34年に奉納したものが祀られています。こんな雰囲気の春祭りは初めての経験です♪
同じ春祭りでも雰囲気は個性的です。そんな個性的な春祭りのある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

奥宮やお神楽の様子を紹介するところまで、いかなかったですね、明日をお楽しみに!?

昨日は緊張するシーンが何回もあり・・・ちょっと大変でした(バリゲードみたいな見かけですが、意外とデリケートなoberisukuなのです笑)。そして、昨日はさびしくもあり応援したくなるような出会いがありました。詳しくは書けませんけどね・・・、その場にいた人しか分からないでしょうけど「ありがとう」そして「がんばれ」の言葉を贈りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の祭典!~倭文神社~2

昨日の続きになりますが・・・。
神社を歩き回っていると、格子戸のある建物があって、そこを覗いてみると・・・。
Sdsc_1394 
お神輿です。担ぐための棒はついていませんでしたが、かなり凝ったつくりをしているように見えました。天辺にいるのは鳳凰なのでしょうか?なんだか素敵なお神輿です。
Sdsc_1393
そういえば、この倭文神社さん、実は今回紹介したのは本宮倭文神社であって、穂坂の柳平地区に鎮座しています。そして、宮久保の降宮にも倭文神社が鎮座しています。
昔、七夕祭りの時には本宮倭文神社と倭文神社までお神輿が踊り踊ったようです。

そんなことを感じさせてくれるお神輿です(思い込みかな~)
山宮(本宮)から里宮へお神輿を運ぶ・・・、どんな意味があったのでしょうね?とっても興味が沸きます。
お祭りといえば、お御輿・・・、でも何かいろいろな意味がありそうで、そんな興味のそそられるお御輿のある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!
Sdsc_1389
サクラがいい感じでしたが、それよりも目を引いたのはこちらのミツマタでした。小さなボンボリがたくさんで、とってもかわいらしい花でした♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の祭典!~倭文神社~1

確か去年も紹介したような、しなかったような~。
倭文神社さんです。
Sshizuri1
みなさん、なんて読むか分かりますか?

しずり神社とかしとり神社とか呼ぶんですよ。珍しい読み方ですよね!(倭文神社さんのことはまた次回ということで・・・、ちなみに織物の神様と関係があるんですよね~)
ここでも当麻戸神社さんのようにお神楽が奉納されるのですが、ちょっと早く訪れてしまい、まだその前の式典中でした。
Sshizuri2
ということで、ちょっと気がついたことを・・・、
Sshizuri3
お神楽さんでまいたりするオモチがお盆や桶の中にはいっているのです。当麻戸神社さんではワラに包まれていたのですが・・・。こんなところに神社さんでの祭典の違いがあったりします。

地域でいろんな伝統芸能が伝えられています。伝えている地域の人たちにとっては当たり前のことかもしれない、でも、意外と個性があったりするんですよね♪そんなことを肌で感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

本日は午後から外回り・・・、ちょいと外回りがなかったのでいきなりの陽射しはちょっときつかったですね~、昨日の15㎞完歩の疲れもようやく出てきたみたいでして・・・。ちょっと疲れの出方が遅れ気味・・・、年なのかしら?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春の祭典!当麻戸神社さん②

昨日に引き続き、ちょっと当麻戸神社さんのことをご紹介しておきたいと思います。
とはいっても、実は昨年の2月13日で掲載してありました・・・。

当麻戸神社といえば「御供石(ごくういし)」。
S
この由来は・・・、石碑にお譲りいたしまして(単なる手抜き・・・)。。。
S_2
いろいろな神事が執り行われているようですが、なくなってしまった神事の存在を発見してしまいました。
S_3
「儀定角力」とあります。奉納相撲のことだと思います。いつのものかというと「享和元歳」とあるので、1801年ということになります。さらには写真は撮っていませんが、元禄年間のものもありまして、江戸時代には相撲が奉納されていたようです。

そして、もう一つの出会いです。神社さんへ向かうには黒沢川という川を渡らなければならないのですが、そこにかかっている橋の名前・・・。
S_4
「宮前橋」とあります。
お宮の前にかかっている橋だから「宮前橋」なのでしょうね、単純ですが、とても分かりやすい名前の橋です。

続けられている神事、廃れてしまっている神事、いろいろあるようですが、「あったこと」・「あり続けていること」がちゃんと分かる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

今日はこれから15キロウォーキングに参加してきます~、ってそんなに歩けるのかな~。いろんな出会いを楽しみながらノンビリ歩こうかな♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の祭典!当麻戸神社さん①

ここのことろ、春の祭典が各地で執り行われていますね!
本日はその中の一つ、当麻戸神社さんに出かけてきました。
Sdsc_1366
当麻戸神社さんがどんな神社さんかはまた別の機会ということにして・・・、今回はお神楽を・・・。
Sdsc_1390
まずは、遊びに来ていた子ども達がお神楽の真似をしている姿です。
Sdsc_1438
次は、地元の小学校の児童が「巫女の舞い」を奉納してくれました。なんともいえないほがらかな空気が境内を包んでいました。

子ども達が地域の伝統文化を舞っている、そして子ども達が集う祭りがいろんなところでおこなわれている、地域の方々に支えれられて・・・、そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

撮影していると、子ども達が寄ってきて、「カメラマンのおじさん、私も撮ってみた~い」とカメラを貸して欲しいとの要求が・・・。ということで、途中からカメラを子ども達に預けてしまいました。ファインダーで覗いた世界を楽しんでいたようです。
それにしても、小学生とお友だちになることの多いoberisukuです。

そういえば、昨日もブログ更新を忘れてしまいました。。。ちょっと楽しく呑んでいまして。。。いやいやちょっとじゃなくて「とっても楽しく」でした!ありがとう!!
Sdsc_1449
このショットは、子どもカメラマンの撮影したものです。oberisukuよりもかっこよく撮れています。。。一生懸命一眼レフのピントを合わせてながら、走り回っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お寺でのフシギな出会い~永明院~

雨ですね~。こんな日はなかなか出かけるのもためらってしまいますよね。
ということで、晴れた日の出会いを・・・。

もう去年のことになるかな~。のんびりと出歩いていると、お寺さんがありまして、たくさんのお石塔さんが立ち並んでいます。
Sdsc_0107_2 
そのなかでも、なぜが目を奪われたちょっと大き目のもの・・・。
Sdsc_0109_2
中を覗かせていただくと。。。そこには小さな観音様が祀られていました。優しいお顔をしていらっしゃいます。
思わず手を合わせてしまいました。
ところで、そそっかしいことに、観音様のお名前が・・・
「○頭観世音」なのですが、馬頭観音様なのでしょうか?
Sdsc_0110_2
村のお寺、いろんな優しい想いが詰まっています。そんなお寺がたくさんある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

昨日は更新を忘れてしまいました・・・、ちょっとバタバタしていたんで・・・。ボチボチとしたブログですので、時々休みますけど、よろしくです!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

光と影

Swanilightup1 Swanilightup2
携帯で「パシャ」
いろいろな見方・感じ方、それはそれでいいのかもしれない。。。花は終盤、でもわに塚のサクラにとってはこれからが一年の成長のはじまり。。。
これからどんな姿と出会えるのでしょうね?

サクラだけじゃなくて、葉を芽吹かせ、枝を伸ばす、そんな成長をまちのあちこちで見ることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

本日でライトアップ終了です。サクラさんお疲れ様でした。明日からは普通の自然のサイクルに戻れますね。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

大きな祠

私の住むまちはそれほど大きくはない、でもまだまだ歩いたことのないところは多い。
歩いたところでも、すべての季節を味わったことがない。だから、出会いが多い。

そんなことをあらためて気がづかせてくれた大きな石祠です。

まだまだ桃源郷にはちょっと早い暖かい日に、ブラブラしていると、ちょっと遠くに石祠が目に入りました。遠い割には大きく見えるので気になって・・・。

近づいてみると、今まで見た中で、一番じゃないかなと思うほどの大きさでした。
Sdsc_1331
大きさに驚きつつ、何か文字が彫っていないかと・・・
「正徳二年壬辰七月廿四日 中条村 玉勝院」
とありました。1712年7月24日に中条村の玉勝院さんが関わった石祠であることは分かりました。ちなみに玉勝院さんってどこだかよく分からないんです・・・。

さて、なぜこの場所にこんなに大きな石祠を祀ったのか・・・?
この場所とは普通の桃畑なのです。

正徳2年の頃、石祠のまわりの風景はどうだったのでしょうね?
ここに石祠を祀らなくてはならなかった経緯は何だったのでしょうね?

このまちにお世話になり始めてからもう10年以上経ちます、でも、まだまだフシギな出会いは多いです。歩けば歩くほど、新たな出会いのある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

これから桃源郷は桃色、菜の花色、青空色に染まっていきます。そんな中にひっそりとある石祠や馬頭観音さんにも目をとめて欲しいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

潅仏会~願成寺~

自然も春ですが、春らしい式典も多い今日この頃です。
本日もブラブラ歩いていると、遠くから読経が聞こえてきます。それに親子連れでお寺さんから帰ってきます。
Sdsc_1354
境内には旗がはためき、いつもの雰囲気とは違います。
Sdsc_1352
本堂を覗いてみると・・・多くの方々がお参りしています。

「潅仏会(かんぶつえ)」の真っ最中に出会ってしまいました。
oberisukuは願成寺さんにご先祖様をお願いしていないので、遠くから見学させていただきました。
Sdsc_1350_2
家に帰って調べてみると、潅仏会はお釈迦様の誕生をお祝いして旧暦の4月8日に執り行われていたようです。現在は新暦の4月8日でその日に一番近い日曜日に行われているようです。そして、別名を花祭、花会式、浴仏会などとも呼ぶそうです。

花御堂をお花いっぱいにして、真ん中に誕生仏をおいて、甘茶をかけるのだそうです。お花をいっぱいにして、お釈迦様に甘茶浴をしていただくから、別名がいろいろあるのでしょうね。(ちなみに写真の赤塗りのものが花御堂でまん中の御仏がいらっしゃるのですが・・・)

旧暦から新暦にかわれども、お釈迦様の誕生をお祝いする気持ちは今もいき続いています。そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

今日も一日暖かい日でしたね♪武田信義さんのお墓とも伝えられている五輪塔に寄り添うようにサクラが咲いていました。わに塚のサクラのような名前もない桜だけど、なかなかのものだとoberisukuは思います♪
Sdsc_1348

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り~信玄公祭り~

天気もよくて、ブラブラ行き先もきめず・・・。

駅の近くでなにやらワイワイガヤガヤ、何だろうと覗いてみると・・・。
Sdsc_1320
甘利備前守虎泰の幟がはためいていました。
「信玄公祭り」への出陣の式をおこなっているところでした。
Sdsc_1315 Sdsc_1325
ところで、なぜ私の住むまち「韮崎」では甘利さんなのだろうか?武田勝頼さんの方がふさわしいような気がするのですが・・・。
っと、でもそういえば、「甘利」という名前は甘利山や甘利小学校などなど意外と多いのですよね♪

ということで調べてみると・・・、やはり「甘利」は私の住むまちとゆかりが深いのです。
調べたことはそのうち紹介しますね・・・。

さてさて、駅で思いもしない出会いがありました。
 「oberisukuさんだ!」という子どもの声・・・。
振り向くと、お花見にさそってくれた子どもたちでした。
「間に合わなくてごめんね。」という前に、「来る前に遊びに行っちゃってごめんなさい」と逆に謝られてしまいました。。。
優しい子どもたちの住む私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!


久しぶりにのんびりとした休日を過ごしました。そして久々にのんびりと読書も・・・読み途中ですけど『日本人の愛した色』なんていうのを。。。色に対する見方が変わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村の鎮守~広神社~

ここのところ、広神社さんに何回か登場していただきましたが・・・。
広神社さん自身のことを紹介していませんでしたので。

もともと「広の神社」と呼ばれていて、建御名方命さんと武田武大神さんを祀っていたそうです。その後、諏訪大明神さんも合祀したので、今は「諏訪神社」と呼ばれているようです。

そして、もっと面白いコトがあるんです。この神社さんの鳥居はなぜかムラのある方とは全く関係ない南を向いているのです。ムラから神社さんへ短距離ではいろうとすると、裏側から入ることになってしまうのです。
調べてみると、鳥居の南側にムラとヤマとをつなぐ道があるのですが、その道が昔から使われていた道だったようです。
Sdsc_1304 Dsc_1305

先人達がメーンルートにしていた道、曲がりくねっていて狭いけど、どこか趣があります。そしてムラの形が変わっても、神様のいる神社の向きは変わっていないし、昔ながらの水田風景に溶け込んでいる道を楽しむことができます。そんな私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

そして今日は小学校の入学式です♪もちろん嫁のいないoberisukuには子供もいないわけですが、なぜかoberisukuには子供のお友だちが多くて・・・、その数人は今日からピカピカの一年生です!おめでとう!
お祝いは、満開のわに塚のサクラです!

Sdsc_1300

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私の住むまちの「ひな祭り」

本日、4月3日はひな祭りの日です。
っというと、
「3月3日の間違いでしょ!」
と注意されそうですが・・・。

私の住むまちでは旧暦でお祝いしていたようです。雛人形を飾ったり、ヨモギで「モチグサ」を作ったりしてお祝いして、子供たちは重箱におすしや煮物を詰めてもらい、春の訪れた大地で遊ぶ・・・要するに「お花見」をしていたそうです。いつもの参考書『韮崎市誌』に書いてありました。

「していた」と過去形を使いましたが、実は本日、広神社でお花見を子供たちがするというウワサを耳にしました。そして、その子供たちから招待までされてしまいました♪

っと、そこまでは良かったのですが、お花見といっても当然、昼間・・・、仕事が・・・。
ひと区切り付いてちょっと休みをいただいて・・・、と職場を飛び出したときには「終わっちゃいましたよ~」とのこと・・・。ということで、写真はないのです・・・。

一度は忘れかけられた伝統・文化がよみがえろうとしている瞬間に出会える(出会えなかったのですが・・・)私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!

誘ってくれたお友達、本当にごめんなさい。

さて、お詫びに本日のわに塚のサクラを・・・。
一番近い駐車場は満車でした。みなさん、ちょっと早めに来て、ちょっと離れた駐車場をお勧めしますよ!
お勧めは武田八幡宮へ向かう道沿いの臨時駐車場ですよ、ココに止めて歩くと、木々が目隠しとなっていて、すぐにサクラは見えないですが、それを過ぎたとたんに目に飛び込んでくるわに塚のサクラがoberisuku的にはワクワク感を楽しめるので好きです。。。
Sdsc_1284

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田んぼも山も春♪

昨日は風が強かったですね。今朝は全体的にモヤが薄くかかってはいますが、クリアーな空です。
Sdsc_1249
わに塚のサクラ、開花後冷え込んだこともあって、ちょっと開花のスピードが遅くなっていますが、かなり咲きました♪(明日くらいがピンクが濃くていい感じになるかな~)
Sdsc_1257Sdsc_1260
山の方を見てみると山桜が咲き誇っています。まだまだ若葉の出ていない茶色の山に、ピンクの花火が上がったかのように咲いています。田んぼから山に向かって春が進んでいます。
Sdsc_1266
いつも見ている身近な風景、じっと・そっと・ずっと見ていると、同じ瞬間は訪れない、どの瞬間も素敵です。そんな風景と出会うことのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!
今朝はたくさんのカメラマンさんたちがわに塚のサクラを撮影しにいらしていました。皆さん、まだまだ寒いですから、風邪などひかないようにしてくださいね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひろ神社のサクラ・・・。

わに塚のサクラから八ヶ岳の方を眺めたところに「ひろじんじゃ」が鎮座しています。
大きな神社ではないかもしれません、でも、そこに住んでいる人たちのココロのヨリドコロとなっているはずです。そんな神社さんの境内のサクラが咲き誇っています。
Sdsc_1186
サクラの咲き誇る、今日は4月1日、年度の変わり目です。別れと新たな出会いの日です。
別れる人に感謝し、新たな出会いに期待を抱くそんな日です。
皆さんにはどんな別れと出会いがあったのでしょうか?

ヒトの別れと出会いの季節に咲き、想い出となるサクラの咲く私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ参加してみることにしました♪クリックお願いしますね!
Sdsc_1184
わに塚のサクラで見かけた看板です。「この桜、いついつまでも咲き続けられる様に大切にしましょう!」いい言葉だと思います。ところで、どうすることが大切にすることなのでしょうか?いろいろと複雑な思いが交錯している今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »