« 村の鎮守~稲倉穂見神社①~ | トップページ | 火の見櫓~旭町竹之内~ »

村の鎮守~稲倉穂見神社②~

さて、昨日の続きです。
この鎮守様のある地域は稲倉とも呼ばれています。まー、「藤井平五千石」と呼ばれたくらいだから稲を保管する大きな倉でもあったからついたのだろうな~っと想像できます。
そうはいってもいつものアレ『甲斐国志』にご登場願いましょう。

「・・・三座中央ハ建御名方ノ命、右ハ稲倉魂ノ命、左ハ素盞鳴ノ尊ナリ往古ハ稲倉明神ト称ス・・・」

本殿を見ると三つの扉があります。きっと3人の神様が祀られているからなのでしょうね。
Sdsc_0257
この本殿の背後は七里岩のがけになりますが、、実は中腹に大きな大きな岩があります。そして注連縄が…、きっとヨリシロなのでしょうね。
Sdsc_0272
大きな岩に神秘性を感じた先人達のココロを感じることのできる私の住むまち「にらさき」は素敵だと思う。

|

« 村の鎮守~稲倉穂見神社①~ | トップページ | 火の見櫓~旭町竹之内~ »

村の鎮守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/17478464

この記事へのトラックバック一覧です: 村の鎮守~稲倉穂見神社②~:

« 村の鎮守~稲倉穂見神社①~ | トップページ | 火の見櫓~旭町竹之内~ »