« 不思議なお寺~法幢院~ | トップページ | わに塚のサクラ-まだまだ- »

牧場の神様?~御牧神社~

Smimakikoyasujinjya1 当麻戸神社よりもずーっと北側、
  七里岩の崖沿いに御牧子安神社があります。
 もともとは御牧神社だったらしい・・・
 
 「御牧」は「みまき」と呼ぶらしいのだが、
  一体どんな意味があるのだろうか?
   牧を調べてみると、古代の牧場ってなことで、
  馬を飼っていたらしい、その馬を天皇とか貴族とか偉い?人に献上したそうで。
    この神社はその牧と関係が深いそうで・・・

 江戸時代に書かれた甲斐国志という本には
  地面から小さな刀や鏡の入った壺が発見されたことが書いてある。
  経塚と呼ばれるものなのだろう。
    どこにでも作られるものではなさそうなので、
      やっぱり、牧とかと関係あるのだろうか?
  ところで、この壺らしきものが地元で保管されているらしい。
   なんだがドキドキする話・・・。

 ついでに、秋山さんという山梨県の歴史に詳しい人によれば、
 石鳥居に元禄六年の信州高遠石屋と彫ってあって、
   甲斐国最古の高遠石工の作だということです。
 高遠からわざわざ石工さんが来たのだろうか?
  それとも高遠石工さんのもとで修行した人が作ったのだろうか?

 古代のことや江戸時代のことに思いをはせることのできる
   私の住むまちは素敵だと思う。

  

|

« 不思議なお寺~法幢院~ | トップページ | わに塚のサクラ-まだまだ- »

村の鎮守」カテゴリの記事

コメント

ほんとにドキドキするお話ですね。壺は(壺らしきものは)いつご紹介いただけるんですか。高遠石工のこと、もっと詳しく教えて・・・、どの部分に書いてあるの? 韮崎にはほかにもあるの?

投稿: bnvn05 | 2007年3月 2日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/13854521

この記事へのトラックバック一覧です: 牧場の神様?~御牧神社~:

« 不思議なお寺~法幢院~ | トップページ | わに塚のサクラ-まだまだ- »