« 春の訪れ~ホトケノザ~ | トップページ | 春の訪れ~紅梅と鳳凰三山~ »

川から守る、川を守る~聖牛~

聖牛、聖なる牛ではない・・・、
 「ひじりうし」、「せいぎゅう」などと呼ぶらしい、

 それは川の中に静かにたたずんでいる。
Subaishiseigyu1 Subaishiseigyu2

 いったいこれにどんな役割りがあるのだろうか?
  見た目には何だかよくわからない・・、

 調べてみると、
  大水の際に土砂を含む濁流の水を聖牛がはじき、土砂を上流側に堆積させて川岸を守る
 そんなことらしい・・、今で言えばテトラポッドのようなものなのだろうか。

 それにしても、この川にコンクリのテトラポッドじゃなくて、聖牛でよかった、
  清流にとってもマッチしている。

  できれば、石を詰めてある籠も竹かなんかでできていればもっといいのに・・。

 昔ながらの工法で川岸を守りつつ、清流の風景に溶け込んでいる聖牛のある
  私の住むまちは素敵だと思う。

|

« 春の訪れ~ホトケノザ~ | トップページ | 春の訪れ~紅梅と鳳凰三山~ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/13988859

この記事へのトラックバック一覧です: 川から守る、川を守る~聖牛~:

« 春の訪れ~ホトケノザ~ | トップページ | 春の訪れ~紅梅と鳳凰三山~ »