« 女夫石 | トップページ | 山の中の不思議な池① »

宿場のおもかげ

私の住むまちには宿場があった。
 江戸時代の古絵図にはその賑わいが描かれている。

 今では、高度成長期以降の建物だらけで、
  当時の趣のある建物はほとんどない・・・

 それでも、ちょっと視点を変えてみれば、
   面白いことに気がつく・・・、
  今回はそんな面白いこと?を紹介です。

宿場のあった本通りを歩くと、軒先に穴のあいた石が埋められていることがある
 これが「馬つなぎ石」だ。
  馬をつなぎ止めて、お店の中に入ったのであろうか?

古そうな建物もある。
  あれ、??何か変だぞ?・・・
 お蔵が家の上に乗っかっているぞ!
  「蔵屋敷」と呼ぶ建物です。
    細長い土地を有効に利用しようという先人達の発想なのだろうか?

 こんな建物が建ち並んでいた韮崎宿の風景は
  きっと旅人達の目を引いたのでしょうね。

 昔の旅人の気持ちをちょっとだけ感じることのできる、
  そんな私の住むまちは素敵だと思う。
Skurayashiki Sumatunagiishi  

|

« 女夫石 | トップページ | 山の中の不思議な池① »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199707/13415109

この記事へのトラックバック一覧です: 宿場のおもかげ:

« 女夫石 | トップページ | 山の中の不思議な池① »